ブラックフライデーをRakutenでもっとお得に40ドルゲットの方法

セノーテ・ドスオホスの料金・シュノーケルでの遊び方【カンクン周辺観光】

cenote dos ojos

こんにちは、アメリカ在住のつきユカです。

カンクンの2大セノーテと言われる「セノーテ・ドスオホス」についてご存じでしょうか?

絶景・シュノーケルを楽しみたい方は必見スポットです。

セノーテ・ドスオホスってどんなところ?自分で行ける?

この記事では、22年5月に現地を訪れた筆者が、わかりやすく解説します。

この記事はこんな人にオススメ
  • カンクン旅行を計画している方
  • セノーテの楽しみ方を知りたい方
  • 料金の支払いや駐車場など不安がある方
ジャンプできる目次

セノーテ・ドスオホス(Cenote Dos Ojos)とは

セノーテ
セノーテ・ドスオホス

「セノーテ・ドスオホス」と「グランセノーテ」がカンクンの2大セノーテと言われており、とても人気が高いです。

セノーテ・ドスオホス(Cenote Dos Ojos)は「2つの目を持つセノーテ」という意味で、その名の通り、敷地内には目のような形をしたセノーテが2か所にあります。

数あるセノーテの中でも、特に広く、ダイビングやシュノーケルに最適な場所です。

セノーテとは?

セノーテとは、天然の泉のこと。
ユカタン半島は石灰岩質の土壌を持っており、降った雨が地中に浸み込んで、地下に水のたまる空洞を作ります。
その空洞の上の地面が陥没してできたのがセノーテです。

周囲には、約3500か所のセノーテがあると言われています。

セノーテ・ドスオホスの見どころ

セノーテ

先述の通り、2つ「目」があるので、2か所回るのを忘れないでくださいね。

セノーテ

見どころ1:透明度が高いセノーテ

見てください、この透明度・・・!

水の底がくっきり見えていますよね。

水に潜ると、更にその透明度がわかります。

シュノーケルをすると、魚たちもはっきり見えます。

セノーテ

セノーテは、オープンして人が泳ぐとだんだん濁っていってしまいますが、セノーテ・ドスオホスは濁りにくいのだそう。

見どころ2:光のカーテン

セノーテ

セノーテに日が差すと、水中ではまるでキラキラしたカーテンのように見えてすごくきれいです。

セノーテ・ドスオホスは8時からオープンしていますが、時期によってはオープン直後だとまだ日は差していないかもしれません。

9時頃からは確実に見られると思います。

見どころ3:美しい鍾乳洞

セノーテ
ojo2(2つ目)

セノーテ・ドスオホスには、鍾乳洞もたくさんあります。

地上に出ているものも多いですが、ダイビングをするともっと間近で楽しめます。

セノーテ・ドスオホスの基本情報

料金表

営業時間・料金

人が少なく、日が差して綺麗な午前中の訪問がおすすめです!

基本情報
  • 営業時間 8:00~17:00
  • 駐車場 あり(無料)
  • 料金 350ペソ(ドル払いの場合:21USD)
  • クレジットカード 不可
  • ほとんどのセノーテはクレジットカードは使えず、現金払いです
    • USDはかなり割高で損なので、十分にメキシコペソを持っておきましょう
  • 手持ちのペソが無い場合は、近隣の【シカレ(8時オープン)】にあるATMでキャッシングできます

場所

カンクンからは、車で1時間45分ほどかかります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
ジャンプできる目次