アメリカ生活準備・手続き

アメリカ駐在|格安SIMはTelloがおすすめ!国際電話込

アメリカの格安SIM国際電話込み

こんにちは、アメリカで駐在妻をしているつきユカです。

アメリカでSIMを契約したいけど、どこがいいの?

通信費はなるべく抑えたい!

国際電話込みで月6ドル〜使える格安SIMを紹介します!

つきユカ

スマホは生活必需品ですが、通信費が高くなりがちですよね。

日本では格安SIMを持っている方が増えてきましたが、アメリカにも優秀な格安SIMが存在します。

この記事では、なんと月々6ドル~のプランが用意されている格安SIM【Tello】をご紹介します。

記事後半には、更にお得に使う方法もご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事はこんな方におすすめ

  • 現在お使いのキャリアが高くて不満を持っている方
  • 格安SIM購入を検討しているが、どれにすればいいかわからない方
  • 通話料を気にせず国際電話も掛けたい方
  • 数ヶ月~長期でアメリカの電話番号を持ちたい方

アメリカの携帯電話(SIM)事情をざっくり把握

まず初めに、アメリカの携帯会社は私が把握するだけでも40以上あります・・・

そのうち主要なのはVerison Wireless、AT&T Mobility、T-Mobile USの3社です。

日本でいうdocomo、au、softbankみたいな位置づけですね。

じゃあとりあえず大手にしとけば安心じゃない?

上記3社を選ばれると安心なのは間違いありませんが、最安プランでも毎月30ドルほどかかります

アメリカにも優秀な格安SIMがあるよ!

つきユカ

MVNO

格安SIMを提供する会社をMVNO=Mobile Virtual Network Operatorといいます

アメリカ格安SIMのおすすめはTello

結論から言って、ベストチョイスはTelloです。

すぐにでも申し込みたい方は、こちらからどうぞ。

私からの紹介リンクとなっており、10ドル分のクーポンがもらえます。

手続き簡単!

紹介リンクからの申し込みで10ドル割引

※紹介コード:P3S1N3N0

詳細を知りたい方は、説明していきますので安心してください。

どんな人に対してもベストって言えるの?

スマホの使用頻度や端末により、最適解が変わることもあると思います。

そこで、誤解のないように私が前提とした「ユーザー条件」を記載します。

この条件で検証しました

  • 日本から持ち込んだSIMフリー携帯(iPhone 12mini)を使用するため、SIMのみ購入
  • アメリカの電話番号を取得したい
  • 家では家庭用のWi-Fiを使用
  • 外出時google mapやアプリを使うために、パケット通信量は1~4GBほど欲しい
  • 申請や問合せをするために、アメリカ国内で1ヶ月に1時間程度電話することを見込む
  • 家族や友人とのやり取りはLINEを使用

私は普段Wi-Fiを使うので大容量パケット通信量は不要ですが、仮にパケット通信無制限&無料通話無制限にしても月額29ドルなので格安ですね

つきユカ

Telloのメリット(おすすめする理由)

Telloをおすすめする理由

  • 通話時間、通信データ量を自由に組み合わせたプランが作れる
  • プランは1ヶ月ごとに変更可能
  • 無料通話分に国際電話も含まれる!
  • 更に安くなるお得なキャンペーンがあることも
  • 解約金ゼロ
  • カスタマーサービスの対応が早くて丁寧

通話時間、通信データ量を自由に組み合わせたプランが作れる

Telloアメリカ格安SIM

Telloでは、上のように通話時間と通信データ量を自由に組み合わせて、ご自分に合ったプランを作ることができます。

無料通話の選択肢は

  • 無料通話なし
  • 100分間
  • 300分間
  • 500分間
  • 無制限

データ容量の選択肢は

  • 無料データなし
  • 500MB
  • 1GB
  • 2GB
  • 5GB
  • 10GB
  • 無制限

となっており、「無料通話なし」以外はショートメッセージは無制限です。

私は、無料通話100分&データ2GBで月11ドルのプランを使っています。

(初月のみSIMカード代$2が必要です)

その他、ご自身の気になる組み合わせはHPのPlansから確認してみてください。

設定した容量を超えて使用したい場合は、追加で購入できます。

アメリカは電話を受け取った時にもお金がかかるので、無料通話分があると安心です

つきユカ

考えるのが面倒な方に対して、電話かけ放題の既存プランもあります。

(自分で組み合わせて作った場合と価格は同じです)

Telloアメリカ格安SIM

いわゆるパケット放題にしても、月額たった29ドルなのね!

大手の基本料金と同額ですね

アメリカ人は電話好きな人が多いので、既存プランは全て電話無制限になっていますが、おそらく必要ないのでカスタムプランにして少しでも通信費を抑えましょう!

つきユカ

プランは1ヶ月ごとに変更可能

この自由な組み合わせのプランはいつでも変更可能です。

通常は前月のプランがそのまま更新されますが、変更したい場合は、次の更新日までに手続きをすればOKです。

変更手続きは、HP上で簡単に行えます

無料通話分に国際電話も含まれる!

そして驚くべきことに、この格安の無料通話分に国際電話も含まれます。(対象外の国もあります)

Telloでは、60を超える国への国際電話が無料になっており、日本も対象です。

日本の場合は、固定電話へかける時のみ無料、携帯電話へは4.1セント/分となっています。

本当に無料?あとから多額の請求が来るんじゃないの?

心配ですよね、私の使用履歴で確認しましょう。

1番下の国番号+81から始まる番号が、東京の固定電話に自分からコールした時のものです。

tello-com

15分電話してもプラン内に収まっており、追加料金は取られていないのがわかると思います。

請求額もいつも通りでした。

※新規契約25%オフキャンペーンが適用されていますので、通常の11ドルより安いです。

tello-com-bill

日本の手続き関係で、どうしても電話しなきゃいけない時に助かる・・・!

更に安くなるお得なキャンペーンがあることも

私が申し込んだ21年6月当初は、申し込みから半年間プラン料金が更に25%オフになるキャンペーンがありました。

ただし、途中でプラン変更をした場合は、期間中であっても変更後は25%オフされないそうです。

解約金ゼロ

万が一気に入らなくても、解約金を取られることなくいつでも解約できます

カスタマーサービスの対応が早くて丁寧

これは感動レベルでした。

メールで問い合わせをしたところ、即座に丁寧な回答が返ってきました。

Telloのデメリット

これまで、メリットをご説明してきましたが、使って感じたデメリットも記載します。

Telloのデメリット

  • 主要3社と比べると圏外になりやすい(山場など)
  • 日本語の対応はない
  • 実店舗がなく、オンラインでしか注文できない

主要3社と比べると圏外になりやすい(山場など)

格安SIMの特性上仕方のないことですが、夫が使用しているT-Mobile(主要3社の1つ)と比較すると、圏外になる範囲が広いです。

ただし、山場では(T-Mobileも含め)ほとんどの携帯が圏外になってしまうため、オフラインでも閲覧可能な地図を予めダウンロードすることが推奨されています。

日常生活を送るうえでは、電波が原因で困ったことは一度もありません。

繋がりやすさ

大手には劣るが、日常生活では全く問題ないレベル

日本語の対応はない

当然といえば当然ですが、手続きや問い合わせは全て英語です。

しかしHPがわかりやすかったので、申し込み時に迷うことはありませんでした。

実店舗がない、オンラインでしか注文できない

Telloは実店舗を持たないオンライン専門の格安SIMです。

他社であれば実店舗があったり、スーパーや量販店で購入することも可能ですがTelloはできません。

また、お住まいにもよりますが、注文してからSIMカードを受け取るまで5日ほどかかります。

アクティベートするまでは月額プランはスタートしないので、住所が確定している方は早めに注文しましょう。

住所が確定するまでの期間や、日本を出国してからTelloをアクティベートするまでの期間はどうすればいい?

短期間のSIMはトリファの格安eSIMを使うと良いですよ!

つきユカ

Telloをアクティベートするまで

住所が確定するまでの間の仮のSIMとして、当ブログでは格安eSIMトリファをおすすめしています

  • 日本円で支払いが可能
  • プリペイド式のeSIMで解約手続きが不要(解約忘れによる無駄な費用も発生しない)
  • アメリカでは大手3社のT-Mobileの回線を使用

詳細は【限定割引コードあり】海外eSIMトリファの使い方・口コミでご紹介しています

※eSIM非対応の機種があるので、リンク先で必ずご確認ください

他社の同様プランとの比較

それでは、他社とも比較してみましょう。

アメリカの格安SIMをお探しの方であれば、ご存じの会社もあるかもしれません。

記事前半で定義したユーザー条件を満たす1番近しいプランで比較しています。

会社名通話料ショートメッセージデータ容量料金日本語対応
Tello100分無料無制限&無料2GB11ドルできない
H2O Wireless無制限&無料無制限&無料2GB18ドルできない
アメスマ100分無料無制限&無料2GB25ドルできる
Hana cell0.27ドル/分無制限&無料2GB29ドルできる
TracFone無制限&無料無制限&無料1GB20ドルできない
Mint Mobile無制限&無料無制限&無料4GB15ドルできない
他社比較

H2O Wireless

国内通話無料、ショートメッセージ無料、データ量2GBの場合:18ドル

アメリカの電話はとても長い間待たされることがありますので、無料通話が付いていると安心です。

アメスマ

国内通話100分無料、ショートメッセージ無料、データ量2GBの場合:25ドル

日本語対応可能。日本出国前に受け取り可能。

Hana cell

国内通話$0.27/分、ショートメッセージ無料、データ量2GBの場合:29ドル

日本語対応可能。日本出国前に受け取り可能。解約金無料。

TracFone

国内通話無料、ショートメッセージ無料、データ量1GBの場合:20ドル

WalmartなどでSIMカードが0.99ドルで購入でき、プラン選択後使用できるようになります。

Mint Mobile

国内通話無料、ショートメッセージ無料、データ量4GBの場合:15ドル

ちなみにTello.comで同じように「国内通話無制限&4GB」にすると料金は同じです。

初月に3ヶ月分を前払いする必要があります

Tello.comと一騎打ちで迷いましたが、データ量が4GBより少ないプランが無く、私は4GBも使わないのでやめました。

まとめ:Telloを使って通信費を抑えよう

私はこの選択にとても満足しており、皆さんとも共有できたらと思いこの記事を執筆しました。

他社でよほど魅力的なプランが出ない限りは、滞在中にTelloを解約するつもりはありません。

通信費のような固定費はなるべく抑えて、趣味や旅行にお金を回したいですね。

私の紹介リンクからのお申し込みで、次月以降に使える【10ドルのクーポン】が付与されます。

ご購入を検討されている方は、ぜひご活用ください。

携帯料金を抑えませんか?

紹介リンクからの申し込みで10ドル割引

※紹介コード:P3S1N3N0

紹介で得られたクーポンは、次月以降に使用できます。

使い方は、【Telloを更にお得に使う方法】で説明しています。

関連記事
tello
裏技|アメリカ格安SIM「Tello」をもっとお得に使うコツ

続きを見る

Tello契約前の短期間だけSIMを使いたい方は、格安eSIM【トリファ】がおすすめです。

日本にいる間に契約・設定できるので、現地でインターネットが使えず困ることもありません。

おすすめ
eSIMトリファ
【限定割引コードあり】海外eSIMトリファの使い方・口コミ

続きを見る

iPhoneならストレスフリーなAir Podsがやっぱりおすすめです。

関連記事
airpods pro
AirPods Proレビュー|アメリカは安い?おすすめケースもご紹介

続きを見る

それでは、またお会いしましょう! See ya!!

おすすめキャッシュバックサイト

ibotta

  • レシートをアップロードするだけで、現金やギフトカードがもらえるアプリ
  • スーパーで使える「無料オファー」が頻繁に登場
  • 入会ボーナス最大20ドル

Rakuten

  • Rakutenからショップのリンクに飛ぶだけで、購入金額の数%キャッシュバック
  • 現金だけでなく、アメックスポイントでも換金可能
  • 入会ボーナス最大40ドル

Fetch

  • ジャンル問わず全てのレシートが対象
  • 対象商品を購入すれば、ポイントがザクザク貯まる
  • 入会ボーナス2000ポイント

-アメリカ生活準備・手続き
-