【5/13まで】キャッシュバックサイトRakuten登録で40ドルGET詳細ページへ

【24年3月更新】アメリカクレジットカードおすすめランキング(駐在員・駐妻)

アメリカクレジットカードおすすめ

クレカの特典でまたお得に旅行しちゃった♪

もしかしてクレカを持ってない自分って損してる?でもクレカってよくわかんないんだよね…

あなたは大丈夫?こんな人は損してるかも…

  • 駐在員が最初に持つANA USAやUSA JALをずっと使っている
  • アメリカにしばらく住むのに1枚もアメリカのクレカを持っていない
  • 配偶者が本人名義のカードを使っていない

クレジット大国アメリカのカード特典は、日本とは比べ物にならないほど優れています。

その大半はアメリカ市民でない駐在員家族も恩恵を受けられるので、そのチャンスを掴まないのは本当に損しているんです!

カードを使いこなして、こんなアメリカ生活を送りませんか?

  • 高級ホテルに無料宿泊できるくらいの入会ボーナスをゲット!
  • 普段の買い物がお得になる
  • 貯めたマイルを使って格安で旅行できる
  • ホテルブランドの上級ステータスをゲット

この記事で紹介しているカードを駆使して、今までの旅行を集計してみたところ…なんと!

つきナオ

21年7月〜23年12月の2年5ヶ月で総額410万円以上(140円/ドル計算)相当の旅行費を無料にしていました!!

この記事では、以下の観点からおすすめクレジットカードを選定しています。

  • 入会ボーナスが優れていること
  • 特典が年会費を大幅に上回るもの
  • 年会費が無料なのに特典が大きいもの
  • 在米期間が短くても申請可能なもの
つきユカ

この記事で紹介するカードに限っては、年会費の元が取れるかどうかの心配は不要なので安心してくださいね

それでは、早速見てみましょう!

※ご紹介するカードのカテゴリーは一部重複するので、別のランキングに複数登場するカードがあります。ご了承ください。

アメリカのクレジットカードをまだ1枚も持っていない人、クレジットヒストリーがない人、クレジットヒストリーって何!?という人は、【完全版】アメリカでクレジットカードを作る方法|クレヒス・クレジットスコアを先にお読みください。

ジャンプできる目次

アメリカのプロパーカードランキング

入会ボーナスがお得で、その後も継続しやすいプロパーカード(ポイント交換先の選択肢がたくさんあるカード)をご紹介します。

\ 迷ったらコレ /

1位 American Express® Gold Card

アメックスゴールド
カードデザイン
  • 年会費:250ドル
  • ブランド:AMEX
  • 外貨手数料:無料
項目と評価詳細
入会ボーナス
通常6万ポイント=ANA6万マイル相当
(達成条件:6ヶ月以内に4000ドル)
ポイント還元先
ANAなど複数の航空会社、ホテル
amazonなど
主な特典
Uberとレストランの計年間240ドルクレジット
カードユーザー限定割引(不定期)
申請の通りやすさ
一般的な駐在員の世帯収入があれば問題なし
カードの特徴

おすすめポイント

  • ANAのポイント還元率が良い!
  • Uberとレストランのクレジットだけで年会費はほぼ回収できる

注意点

  • 特になし

\マイルが貯まる最強の1枚/

2位 Chase Sapphire Preferred®

Preferred Card
カードデザイン
  • 年会費:95ドル
  • ブランド:VISA
  • 外貨手数料:無料
項目と評価詳細
入会ボーナス
6万ポイント=ハイアット6万ポイント相当
(達成条件:3ヶ月以内に4000ドル)
ポイント還元先
ユナイテッドなど複数の航空会社、ホテル
主な特典
カードユーザー限定割引(不定期)
独自の旅行サイト(公式より安いことも)
申請の通りやすさ
クレジットスコア740以上が望ましい
Chaseの口座を持っていると通りやすい(噂)
カードの特徴

おすすめポイント

  • Hyattのポイント還元率が良い!
  • カードユーザー限定割引に使いやすいお店(有名チェーン)がよく出る

注意点

  • 十分なクレジットスコアが必要
つきユカ

入会ボーナスだけでハイアット系の高級ホテルに2~3泊できます

\絶対に持ちたい充実の1枚/

3位 BILT Mastercard

BILT
カードデザイン
  • 年会費:無料
  • ブランド:Mastercard
  • 外貨手数料:無料
項目と評価詳細
入会ボーナス
カード有効化から5日間、ポイント5倍(家賃除く)
ポイント還元先
エアライン、ホテルで1:1詳細
還元率は低いが、Amazonや家賃支払いにも使える
主な特典
家賃支払いで1ドル=1ポイント

家賃支払い手数料無料
申請の通りやすさ
クレジットヒストリー構築後、2枚目のカードとしても申請可能
カードの特徴

おすすめポイント

  • 年会費無料
  • 家賃支払いで唯一ポイントが稼げるカード
  • 家賃支払い時の手数料無料
  • 1:1で提携会社のポイントと交換可能(ユナイテッド航空、アメリカン航空、ハイアット含む)
  • クレジットヒストリーを構築できる

注意点

  • 1ヶ月に5回使わないとポイントが入らない

1ヶ月に5回使わないとポイントが入らないことだけ要注意

つきユカ

今まで何のポイントにもならなかった家賃がマイルやホテルポイントに!
我が家でももっと早く申請すれば良かったと後悔しています…

\賃貸居住者なら絶対に持ちたい1枚/

4位 Platinum Card®

アメックスプラチナム
カードデザイン
  • 年会費:695ドル
  • ブランド:AMEX
  • 外貨手数料:無料
項目と評価詳細
入会ボーナス
10万ポイント=ANA10万マイル相当
(達成条件:6ヶ月以内に6000ドル)
ポイント還元先
ANAなど複数の航空会社、ホテル
アマゾンなど
主な特典
Uber年間200ドルクレジット
マリオット、ヒルトンでゴールドステータス
空港のラウンジアクセス

カードユーザー限定割引(不定期)
申請の通りやすさ
一般的な駐在員の世帯収入があれば問題なし
カードの特徴

おすすめポイント

  • ヒルトンのゴールドステータス(朝食無料or割引)
  • 空港のラウンジアクセスあり
  • Uberとレストランのクレジットだけで年会費はほぼ回収できる

注意点

  • 年会費が高い
つきユカ

年会費は高いですが、日頃から出張・旅行の機会があり、特典を十分に活用できる人にとっては最高1枚です

YouTubeでもっと詳しく!

つきらいふTV(チャンネル登録&いいね!嬉しいです)

アメリカの年会費無料カードランキング

目次下アイキャッチ

年会費無料にも関わらず、お得な特典がたくさんあるカードをご紹介します。

1位 BILT Mastercard

BILT
カードデザイン
  • 年会費:無料
  • ブランド:Mastercard
  • 外貨手数料:無料
項目と評価詳細
入会ボーナス
カード有効化から5日間、ポイント5倍(家賃除く)
ポイント還元先
エアライン、ホテルで1:1詳細
還元率は低いが、Amazonや家賃支払いにも使える
主な特典
家賃支払いで1ドル=1ポイント

家賃支払い手数料無料
申請の通りやすさ
クレジットヒストリー構築後、2枚目のカードとしても申請可能
カードの特徴

おすすめポイント

  • 年会費無料
  • 家賃支払いで唯一ポイントが稼げるカード
  • 家賃支払い時の手数料無料
  • 1:1で提携会社のポイントと交換可能(ユナイテッド航空、アメリカン航空、ハイアット含む)
  • クレジットヒストリーを構築できる

注意点

  • 1ヶ月に5回使わないとポイントが入らない

1ヶ月に5回使わないとポイントが入らないことだけ要注意

つきユカ

有料カードを差し置いて、プロパーカードでもトップ3入りした超優秀カード!

\賃貸居住者なら絶対に持ちたい1枚/

2位 Amazon Rewards Visa Signature Card

Amazon Rewards Visa Signature Card
カードデザイン
  • 年会費:無料
  • ブランド:VISA
  • 外貨手数料:無料
項目と評価詳細
入会ボーナス
50~200ドル分のamazonギフトカード
(達成条件:なし)
ポイント還元先
amazon、ギフトカード、キャッシュバックなど
主な特典
amazonとWhole Foodsで3%キャッシュバック
(プライム会員は5%)、その他1~2%
申請の通りやすさ
クレジットスコア730以上が望ましい
カードの特徴

おすすめポイント

  • 承認された時点でAmazonギフトカードがもらえる(ミニマムスペンドなし)

注意点

  • プライム会員は優遇されるが、料金は別
つきユカ

プライム会員料金は別で支払いが必要ですが、amazonやWhole Foodsのヘビーユーザーなら持っておきたい1枚です

\年会費無料ですぐにギフトカードがもらえる/

3位 Chase Freedom Unlimited

chase freedom unlimited
カードデザイン
  • 年会費:無料
  • ブランド:VISA
  • 外貨手数料:3%
項目と評価詳細
入会ボーナス
2万ポイント=200ドル相当
(達成条件:3ヶ月以内に500ドル)
ポイント還元先
現金、ポータルサイト利用
主な特典
何を買っても1.5%〜5%のキャッシュバック
カードユーザーだけの限定割引(不定期)
申請の通りやすさ
クレジットスコア730以上が望ましい
Chaseの口座を持っていると通りやすい(噂)
カードの特徴

おすすめポイント

  • ポイントは現金でも受け取れる
  • 何を買ってもキャッシュバック対象になる

注意点

  • 外貨手数料がかかる

プロパーカードでご紹介した、Chase Sapphire Preferredとの併用がおすすめ!
詳細アメリカおすすめクレジットカード|年会費無料Chase Freedom Unlimited/Flexの特典・審査

\年会費無料のおすすめカード/

4位 Hilton Honors Card

Hilton Honors Card
カードデザイン
  • 年会費:無料
  • ブランド:AMEX
  • 外貨手数料:無料
項目と評価詳細
入会ボーナス
通常8万ポイント
(達成条件:6ヶ月以内に2000ドル)
ポイント還元先
ヒルトングループのホテル宿泊
主な特典
ヒルトンシルバーステータス付与
ヒルトン宿泊時ボーナスポイント7倍
カードユーザー限定割引(不定期)
申請の通りやすさ
クレヒスを持っていればOK
カードの特徴

おすすめポイント

  • 年会費無料で承認されやすいのに、高級ホテルに無料宿泊できるだけのポイントがもらえる

注意点

  • 特になし

\年会費無料のおすすめカード/

つきユカ

入会ボーナスは、無料カードの中で1番です
しかし、せっかくアメリカに住んでいるなら、次に紹介する上級カードを手に入れる方が長い目で見てお得です

おまけ:Apple Card

Apple Cardはクレジットカード自体の魅力は今まで紹介してきたものに対して劣ります。

しかし、カードを持っていれば4.50%(24年4月現在)という高金利の預金口座を簡単に開設できる魅力があり、全米で大人気です。

我が家も1枚保有しており、使いやすいと感じています。

アメリカの旅行系おすすめカードランキング

アメリカ駐在中に旅行をたくさんしたいという人も多いでしょう。

カードをうまく使えば、格安で旅行できます。2年半で400万円以上分を無料にできたのは旅行系カードをうまく活用できたからです。

プロパーカードでももちろんポイントは貯まりますが、特定のブランドのポイントを貯めるときはやはり専門カードの方が効率が良いです

1位 Hilton Honors Surpass Card

Hilton Honors American Express Surpass® Card
カードデザイン
  • 年会費:150ドル
  • ブランド:AMEX
  • 外貨手数料:無料
項目と評価詳細
入会ボーナス
通常13万ポイント
(達成条件:6ヶ月以内に3000ドル)
ポイント還元先
ヒルトン系のホテル宿泊(全世界)
主な特典
ヒルトンゴールドステータス付与
ヒルトン系宿泊時ボーナスポイント12倍
ヒルトンで使えるホテルクレジット(50ドル×4回)
更新時1泊無料
申請の通りやすさ
一般的な駐在員の世帯収入があれば問題なし
カードの特徴

おすすめポイント

  • すぐにゴールドステータスが手に入る=朝食が無料(アメリカ国外)もしくは大幅割引(アメリカ内)
  • 4半期に1回ホテル宿泊すればホテルクレジット分で年会費が回収できる

注意点

  • 特になし
つきユカ

ヒルトン系のカードはポイントが貯まりやすいので、旅行のホテル代を浮かせたい人にはイチオシです

\格安旅行を実現するなら欠かせない1枚/

2位 Delta SkyMiles Gold Business

Delta SkyMiles® Gold Business American Express Card
カードデザイン
  • 年会費:95ドル(初年度無料)
  • ブランド:AMEX
  • 外貨手数料:無料
項目と評価詳細
入会ボーナス
5万マイル
(達成条件:3ヶ月以内に2000ドル)
ポイント還元先
デルタ航空の航空券
主な特典
預け荷物1つ無料(通常30ドル)
マイルで航空券を購入時、15%オフ
1ドルにつき2マイル(デルタ利用時)
その他1ドルにつき1マイル
申請の通りやすさ
一般的な駐在員の世帯収入があれば問題なし
カードの特徴

おすすめポイント

  • 初年度無料
  • 15%オフのマイルで航空券が購入できる

注意点

  • ビジネスカードの申請方法を要確認
つきユカ

航空券の必要マイル15%オフは、このカードで貯めたマイルだけでなく他のカードで交換したものも対象になります

3位 Marriott Bonvoy Business® American Express® Card

マリオットビジネスカード
カードデザイン
  • 年会費:125ドル
  • ブランド:AMEX
  • 外貨手数料:無料
項目と評価詳細
入会ボーナス
3泊無料
(達成条件:6ヶ月以内に6000ドル)
ポイント還元先
マリオット系のホテル宿泊(全世界)
主な特典
マリオットゴールドステータス付与
マリオット系宿泊時のボーナスポイント6倍
予約時、スタンダードレートから7%オフ
宿泊実績15泊
申請の通りやすさ
一般的な駐在員の世帯収入があれば問題なし
カードの特徴

おすすめポイント

  • 宿泊実績15泊がもらえる
  • マリオットカードの中では年会費が安い

注意点

  • ビジネスカードの申請方法を要確認
つきユカ

マリオットはポイントが貯まりにくいので、ポイントを貯めたい人はカードを持って少しでも優位に進めましょう

マリオットのカードはChaseからも出ていますが、クレジット戦略的にはAMEXビジネスがベストです

\マリオットのポイントを貯めるなら持ちたい1枚/

4位 Marriott Bonvoy Brilliant® American Express® Card

Marriott Bonvoy Brilliant® American Express® Card
カードデザイン
  • 年会費:650ドル
  • ブランド:AMEX
  • 外貨手数料:無料
項目と評価詳細
入会ボーナス
通常150,000マリオットポイント
(達成条件:6ヶ月以内に6000ドル)
ポイント還元先
マリオット系のホテル宿泊(全世界)
主な特典
マリオットプラチナムステータス付与
マリオット系宿泊時ボーナスポイント6倍
宿泊実績25泊
ダイニングクレジット300ドル/
申請の通りやすさ
一般的な駐在員の世帯収入があれば問題なし
カードの特徴

おすすめポイント

  • 宿泊実績25泊がもらえる
  • カードを保有するだけでマリオットのプラチナムステータス(朝食無料)を手に入れられる唯一のカード

注意点

  • 年会費が高い
つきユカ

唯一、プラチナムステータスを一気に手に入れられるカードです
出張が少ない人におすすめ♪

アメリカで発行できるマリオットのカード6種類全てを比較した記事がこちらです。

5位 Hilton Honors American Express Aspire Card

Hilton Honors American Express Aspire Card
カードデザイン
  • 年会費:550ドル
  • ブランド:AMEX
  • 外貨手数料:無料
項目と評価詳細
入会ボーナス
通常15万ポイント
(達成条件:6ヶ月以内に6000ドル)
ポイント還元先
ヒルトン系のホテル宿泊(全世界)
主な特典
ヒルトンダイヤモンドステータス付与
ヒルトン系宿泊時ボーナスポイント14倍
フライトクレジット(50ドル×4回)
ヒルトンリゾートで使えるクレジット(200ドル×2回)
更新時1泊無料
申請の通りやすさ
一般的な駐在員の世帯収入があれば問題なし
カードの特徴

おすすめポイント

  • すぐにダイヤモンドステータス(最上級ステータス)が手に入る

注意点

  • 特になし
つきユカ

ヒルトン最高峰のダイヤモンドステータスを一気に手に入れられるカード!(通常は60泊で達成)

マリオットとヒルトンのどちらで上級ステータスを獲得すべきか悩む場合は、【アメリカ駐在】マリオットとヒルトン上級会員になるならどっち?|ホテルチェーン比較をご覧ください。

クレジットカード申請のコツ、ルール

クレジットカードのメリットを最大限に活かすために、知っておくべきことが3つあります。

ポイント
  1. 申請する収入は、本人ではなく世帯収入=専業主婦(夫)でもOK
  2. AMEXの審査は甘く、Chaseは厳しい
  3. クレジットスコアに影響する行動を知っておく

申請する収入は、本人ではなく世帯収入

専業主婦の私はカードの申請はできないよね?

つきユカ

カードの発行は「世帯収入」で申請するので、本人に収入がなくても大丈夫です!
遠慮するのは勿体無いですよ!

帯同している駐在妻(夫)さんの中には、「自分は働いていないからカード申請ができない」と思っている方も多いようです。

しかし、カードは世帯収入で申請するためご本人の収入がなくても問題ありません。

夫婦2人でそれぞれカードを持つと、よりポイントが貯まりやすく、選択の幅が増えますよ。

クレジットスコアに影響する行動を知っておく

目次下アイキャッチ

クレジットスコアは、毎月期日までに支払いをし、1枚のカードを長く持つことで自然と増えていきます。

以下の行為でクレジットスコアは下がります。

  • 期日に最低金額を払わない
  • カード上限に対して多額の支出をする
  • 新しいカードを申請する(結果に関わらない)
  • カードを解約する

期日に最低金額を払わない

「払えないから払わない」ではなく、単なる「払い忘れ」が多いです。

気づいた時に手動で払うか、自動引き落としを設定しておきましょう。

カード上限に対して多額の支出をする

カード上限に対して、30%以下におさえるのがベストと言われています。

複数のカードを使い分けるなどして、1枚に負担がかかりすぎないようにしましょう。

新しいカードを申請する(結果に関わらない)

新しいカードの申請をすると、たとえ結果が却下だったとしても翌日以降にクレジットスコアが下がります

クレジットスコアが低いのに、難易度が高いカードの申請をするなど、無謀な挑戦は避けるべきです。

ただし、同じ日であれば却下されたクレジットスコアはまだ反映されないため、1日に複数枚申請するのは戦略的と言えます。

カードを解約する

クレジットスコアを構成している要素の1つに「全てのカードの平均保有期間」があるため、カードを解約するとスコアが下がります。

別の言い方をすると、初期に申請したカードを解約せずにずっと持っていれば、スコアは下がりにくくなります

年会費が負担になり早急に解約してしまうようなカードは、作らない方がいいかもしれません

つきユカ

赴任期間が短く、クレジットスコアが下がってもあまり問題ないという場合は、解約に関する失点は深く考えなくても良いかもしれません。

AMEXの審査は甘く、Chaseは厳しい

アメリカのAMEXの審査は、緩いことで有名です。

それに対して、Chaseはかなり厳しいです。

同じ日に申し込んでも、AMEXは即承認、Chaseは即却下でした。

また、Chaseのカードを手に入れるにあたって、「5/24ルール」という絶対に知っておくべきルールがあります。

5/24ルール=24ヶ月(2年)の間で、持てるカードは5枚まで(Chase以外も含む、ビジネスカードは含まない)

以下の図を見てください。

この例で、Chaseに審査を挑む土俵に立てるのはAさんとDさんだけです。

Chase5/24ルール

Chaseのカードを申請した時点から遡って2年以内に、既に5枚以上のカードを持っていれば、即アウトになります。

これは、他のAMEXのカードや途中解約したカードも含みます。

ただし、ビジネスカードは枚数に含まれません。

先ほど、おすすめカードでビジネスカードをご紹介したのは、この理由です。

パーソナルカードと特典が変わらないのであれば、わざわざ5枚の枠を使わずにビジネスカードを申請すれば良いんです。

(我が家も夫名義で2枚ビジネスカードを保有しています)

まとめ:自分に合ったクレジットカードでアメリカ生活をよりお得に!

この記事では、アメリカ生活でおすすめのクレジットカードと、カードを作る際の注意点を説明してきました。

最後に、もう一度おすすめのランキングを掲載します。

>>このページの該当部分に戻る

アメリカでは、カードをうまく使いこなせば、ほぼ無料で旅行ができます!

あなたのアメリカ生活が、より充実したものになりますように。

プロパーカードをもっと詳しく!

つきらいふTV(チャンネル登録&いいね!嬉しいです)

それでは、またお会いしましょう! See ya!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
ジャンプできる目次