渡航前後の準備・手続き

Chase銀行で口座開設するメリット3つ|アメリカ駐在者におすすめ

chase

こんにちは、アメリカ駐在2年目のつきナオです。

アメリカの日本とは桁違いのボーナス・キャッシュバックシステムに感動する日々であります。

今回は、アメリカに駐在している方に心からおすすめしたい銀行口座についてお話します。

  • アメリカ駐在員におすすめの銀行が知りたい
  • 銀行口座開設で得したい
  • 将来Chaseのクレジットカードを作りたい
つきナオ

1つでも当てはまる方は、ぜひ最後までお読みください

この記事はこんな方におすすめ

  • アメリカ駐在者におすすめな銀行が知りたい人
  • 本帰国後も維持できる銀行口座を持ちたい人
  • アメリカ駐在中にお得なクレジットカードライフを送りたい人

Chase銀行の概要

アメリカの主要メガバンクの1つで、正式名称はJP Morgan & Chaseです。

日本でいうところの三菱UFJ銀行といったイメージです。(個人的感想)

連邦準備制度理事会(Federal Reserve)の統計によると、総合ランクキングは堂々の1位です。

銀行名総合ランキング総資産(百万USD)支店数
Chase1位2,544,2744,858
Bank of America2位2,282,4084,125
Wells Fargo3位1,754,9104,881
https://www.federalreserve.gov/releases/lbr/current/

まず倒産しないでしょうし、支店数も多く利便性も高いので安心して利用できます。

アメリカ駐在員がChase銀行で口座開設するメリット

口座開設するメリット

  • アメリカNo1の銀行で支店数も多く使いやすい
  • 口座開設すると225ドルも貰える (※条件あり)
  • Chaseのクレジットカードが作りやすくなる⇒このクレジットカードがすごい

メリット1:アメリカNo1の銀行で支店数も多く使いやすい

「①アメリカNo1の銀行で支店数も多く使いやすい」については、概要でご説明した通りですので割愛します。

メリット2:口座開設すると225ドルも貰える (期間限定)

225ドルGETの条件

  • 紹介経由でChecking Account(当座預金口座)を開設する
  • 給料のダイレクトデポジット(直接入金)の設定を90日以内に設定する
  • 口座を6ヶ月以上維持する

つまり、アメリカ国内で収入がある方(バイトをしている留学生含む)限定のため、駐妻さんは開設できません。

しかし、駐在員本人の口座を開設後、ジョイントアカウントは作れます。(我が家もそうしています)

>>駐在妻が作るべきはChaseのジョイントアカウント!

口座開設の詳しい方法は記事後半で説明しています。

22年7月20日まで限定!

Chaseの紹介リンクはこちら

銀行口座開設で225ドルがもらえる

メリット3:Chaseクレジットカードが作りやすい

アメリカのクレジットカードは、素晴らしい特典が付いているものがたくさんありますが、Chaseのカードはその中でもトップクラスです。

私が現在保有しているChase Sapphire Preferred(年会費95ドル)カードでは、下記のような特典があります。

  • Uber(Uber Eatsも含む)で使える毎月10ドルのボーナス
  • カード保有者だけの特別割引オファーで高級ホテルに泊まれる
  • Chaseポイントで様々な航空会社の航空券と交換できる

年会費95ドルはかかるものの、それ以上の特典が得られるので駐在員の憧れのカードです。

しかし、作るのが難しいということでも有名です。

Chaseは5/24ルール(24カ月で合計5枚のクレジット発行しか認めない)など厳しい発行ルールを設けており、クレジットスコアが740超えていてもザラに審査で落とされます...。

一方で、Chaseとカード以外でしっかりした取引がある人に対しては、クレジットスコアが多少低くてもカードを発行してくれるという情報が散見されます!

ちなみに私は、Chaseの口座開設から5ヶ月目でChase Sapphire Preferredを手にすることができました

Chaseと事前に信頼関係を作れるというだけでも、Checking口座を開設するメリットはあります。

Chaseの口座を開設して225ドルをもらう方法

ここでは、口座開設の手順を説明します。

リファーラル(紹介)リンクからChaseのサイトにアクセス

ボーナスをもらうには、リファーラルリンクからChaseのサイトにアクセスする必要があります。

Chaseの口座開設をする

口座開設する

アメリカの市民権やグリーンカードを持っている方は、このままオンラインで口座開設できます。

ただし、私のように就労ビザでアメリカに来ている人は、オンラインでの口座開設ができません

そこで、下記の赤枠にメールアドレスを入力し、メールでクーポンを取得してから実店舗で口座開設手続きをします

chase

実店舗で口座開設手続きをするには、予約が必要です。

HP上部にあるSchedule a meeting というところから、オンラインでアポイント予約が可能です。

英語力はさほど必要ではないです。

chase

SSN、現住所を証明する書類(公共料金の請求書など)、パスポート、上記リワードURLから取得したメール(ある場合は運転免許証)を印刷して持っていけばそれでリワードの設定もしてくれます。

ダイレクトデポジット(直接入金)の設定を90日以内に設定する (オンライン)

無事に口座開設が終わったら、オンラインでChase銀行の口座を給与口座としてダイレクトデポジットを設定してください。

90日以内という条件があるので、忘れないうちにすぐにやってしまいましょう。

設定が終わると、2~3日以内に225ドルが振り込まれます

chase

万が一、6ヶ月以内に口座解約すると、この225ドルは没収されます。

Chaseは住所変更さえ行えば、日本に本帰国した後でも使えますので、慌てて解約する必要もないかと思いますが。

注意点:Chase口座維持手数料を無料にする方法

Chaseの口座維持手数料が月額12ドルですが、以下条件のいずれかを満たしていれば無料にできます。

口座維持手数料を無料にする方法3つ

  • 毎月合計で500ドル以上のダイレクトデポジットを入金する
  • 常に1500ドル以上の預金額を維持する
  • Chaseのその他の口座(Saving accountなど)も含めて5000ドル以上の預金額を維持する

うっかり手数料を取られてしまわないように気を付けましょう。

この記事があなたのアメリカ生活を豊かにできれば幸いです。

それではまた。

22年7月20日まで限定!

Chaseの紹介リンクはこちら

銀行口座開設で225ドルがもらえる

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つきナオ

20年10月よりアメリカ駐在中。激しく運動して好きなものを好きなだけ食べる|少しクレイジーな旅行(?)が好き|トライアスロンに夢中|ヒルトンダイヤモンド・マリオットチタニウム・ANA SFC

-渡航前後の準備・手続き