スーパーでキャッシュバックをもらおう【ibotta】詳しく見る

【22年末宿泊記ブログ】ハイアットリージェンシー箱根レビュー|スイート・レストラン・ラウンジ・アクセス

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記

こんにちは、アメリカ在住の夫婦つきユカです。

今回は一時帰国の際に、双方の両親とハイアットリージェンシー箱根 リゾート&スパに宿泊してきました。

適度に高級感とカジュアル感が融合していてとても良かったです。

事前に公式の口コミを見ても良いレビューが多く大変楽しみにしており、実際訪問してみると納得のサービスと雰囲気だったように感じます。

この記事では、その魅力を実体験をもとにたっぷりとご紹介します。

宿泊したときの情報
ホテル名ハイアットリージェンシー箱根 リゾート&スパ
宿泊した部屋、人数リージェンシー スイート ツイン(3名)、
リージェンシー スイート ツイン&タタミ(3名)
筆者が宿泊した時期2022年12月末
筆者の会員ステータスグローバリスト
ホテルカテゴリーカテゴリー6
使用ポイント40,000ポイント×2部屋

部屋代はハイアットポイント(スイートルーム1部屋4万ポイント)を使ったため無料、食事代とスパ代を別途支払いました。

ジャンプできる目次

ハイアットリージェンシー箱根 リゾート&スパ

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
正面玄関

ハイアットリージェンシー箱根 リゾート&スパは2006年にオープンした、ハイアットカテゴリー6のホテルです。

日本のハイアットグループの中で唯一温泉があり、大浴場で大涌谷温泉を堪能することができます。

ハイアットカテゴリーの詳細はコチラ

アメリカのホテルチェーン、ハイアットグループのホテルはレベルによってカテゴリー1〜9に分類されています。

ハイアットポイントを使って宿泊する場合、カテゴリーによって必要ポイントが異なります。

日本にあるホテルではカテゴリー8が最も上位で、パークハイアット東京やニセコなどがあります。

また、ハイアットリージェンシーは日本国内に8つありますが、箱根と京都がカテゴリー6、それ以外は2〜5となっており、ハイアットリージェンシー箱根の高級感が伺えます。

客室は全部で80部屋と少なめで、思っていたよりも小さく静かな雰囲気でした。

玄関&フロント

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
正面玄関

支配人らしき方に出迎えられ、気持ちよく玄関に足を踏み入れることができます。

石と木のコントラストがおしゃれなデザインです。

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
フロント

フロントは明るく、自然を感じられるような設計になっています。

宿泊したのは12月末でしたが、ぎりぎり晩秋の仙石原のススキが飾ってあり、とてもきれいでした。(写真中央)

スパの予約をしていたため、本来のチェックイン時間(午後3時)より2時間も早い午後1時に来ましたが、部屋が空いていたためチェックインさせてもらえました。

ちなみにフロント横にあるトイレはこんな感じで、清掃がしっかり行き届いていています。

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
玄関・フロント横のトイレ

リビングルーム

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
リビングルーム

フロントの後ろ側には、高い天井で開放的なリビングルームがあります。

アフタヌーンティーを楽しんだり、宿泊者専用の『ラウンジ※後述』として利用できます。

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
リビングルーム

リビングルームの奥には小さな図書室のような空間があり、本・雑誌・新聞が読めます。(こちらでも飲食可能です)

賑やかな雰囲気のあるリビングルームとは違い、落ち着いて会話ができます。

客室(部屋:スイート)

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
概略

ハイアットリージェンシー箱根は2棟に分かれており、1階の廊下でつながっています。

今回ご紹介するお部屋のうち、リージェンシー スイート ツインはフロント側、リージェンシー スイート ツイン&タタミはスパ側にあります。

ちなみにどちらの部屋もハイアットの『スタンダードスイート』に分類されています。

客室一覧(クリックで閉じる)
部屋名面積
ゲストルーム ツイン56㎡
マウンテンビューツインルーム56㎡
デラックスツインルーム73㎡
デラックスツイン&タタミ67㎡
デラックスツイン&ドッグフレンドリールーム72㎡
プレミアムツイン&ドッグフレンドリールーム93㎡
リージェンシー スイート ツイン(スタンダードスイート)82㎡
リージェンシー スイート ツイン&タタミ(スタンダードスイート)88㎡
リージェンシー エグゼクティブスイート ツイン(プレミアムスイート)93㎡
部屋一覧

写真付きの客室一覧は公式ページで確認できます

リージェンシー スイート ツイン

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
リージェンシー スイート ツイン(公式HPより)

この部屋の特徴は、リビングの窓から富士山が見えることです。

冬に訪問したため、雪で真っ白になった富士山を部屋から眺めることができました。

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
リビング

リビングの奥のドアを開くと寝室があり、

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
寝室

その先には大きな窓が気持ちの良いテラスがありました。(室内なので寒くはありません)

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
テラス

テラスの横に無料のコーヒー、お茶、水が用意されています。

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記

アルコールや冷蔵庫の中にあるものは有料です。

水は缶に入ったものが無くなったら、各フロアに設置されているウォーターサーバーで汲むことができます。

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
各フロアに用意されたウォーターサーバー
つきユカ

嬉しいサービスです

大浴場が温泉なので部屋のお風呂を使う機会は少ないと思いますが、広々としていて良い感じでした。

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
浴室

タオルヒーターがあるので、簡単に乾かせます。(大浴場には別でタオルが置いてあるため、持っていかなくてOK)

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
洗面所

浴衣は2種類用意されており、館内用(温泉やレストラン)と寝巻き用がありました。

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
浴衣

部屋で使えるヨガマットまで置いてありました。巾着はお持ち帰り自由とのこと。

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
浴衣、ヨガマット
つきユカ

このようなタイプのホテルで浴衣OKは珍しいですよね!やはり温泉があるからなんでしょうか

トイレはまあ普通です。ユニットバスではなくてちゃんと独立しているのが嬉しい。

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
トイレ

トイレに手洗い場が付いているのは良いのですが、幅が狭い…

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
手洗い場

ちなみに今回は、ツインルームに3人で泊まったため、エクストラベッドが用意されていました。

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
エクストラベッド

エクストラベッドの寝心地は…固くてよくなかったです。(まあやっぱりこういうところは2人で来ないといけませんね!)

ちなみに部屋の位置はこちらです。

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
部屋の位置

リージェンシー スイート ツイン&タタミ

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
リージェンシー スイート ツイン&タタミ(公式HPより)

畳がついた和洋室は、スパと同じ棟にありました。

先ほどご紹介したリージェンシー スイート ツイン(洋室)とグレードは同じ部屋ですが、間取りが大きく異なります。

畳で2名寝られるので、この部屋のみ最大4名で宿泊可能です。(他の部屋は3名まで)

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
リージェンシー スイート ツイン&タタミ

リージェンシー スイート ツイン(洋室)と比べると、お風呂と脱衣所・洗面所が広く作られていました。

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
浴室(ジャグジー付き)

ダイソンのドライヤーが置いてあり、早く乾かせて快適でした。

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
脱衣所・洗面所

ちなみに部屋の位置はこちらです。

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
部屋の位置

アメニティ

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
アメニティ

部屋にあったシャンプー、リンス、ボディソープ、ボディローションは全てPharmacopiaというカナダ発祥のブランドのものでした。

化粧品が見当たらなかったので、電話で依頼したところ、コーセーのQUESTというスキンケアセットをいただきました。

ビジネスホテルなどでも使われるもののようですが、質が良いです。

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
基礎化粧品セット(電話で依頼)

その他、電話で依頼できるアメニティは以下の通りです。

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
アメニティ一覧

スイートルーム宿泊者かグローバリストへのプレゼントかはわかりませんが、両部屋とも赤ワインとイチゴ、3種類のチョコレート菓子が置いてありました。

赤ワインはCANVASというカリフォルニアのナパバレーのワインで、元々はハイアット専用に作られたものだそうです。

つきナオ

コルクではなくキャップだったので期待していませんでしたが、美味しくてびっくりしました!

公式の紹介動画があったので、ご興味があれば見てみてください。

スパ&温泉

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
スパ&温泉入り口

ハイアットリージェンシー箱根にはizumiというスパ・温泉施設があります。

スパ(別料金・要予約)

スパは別料金(2万円程度〜)で、要予約です

ホテル名に『スパ&リゾート』と付くだけあり、スパが人気です。

宿泊の1ヶ月以上前に予約しようとしたときにも既に2枠しか空きがありませんでしたので、早めの予約をおすすめします。

私たちは両親に60分間のボディートリートメントコースをプレゼントし、大変満足してもらえました。

コースの最後にご自身の体の悩みによって適切なアロマオイルで仕上げがされるようです。

スパの前には温泉で体を温めると効果が高まるため、予約時間の30分前に来ることが推奨されています。(カルテを記入する時間を含む)
チェックイン前後に予約している場合には、チェックイン時間も見越して予約の1時間前にはホテルに到着していると良いですね。

温泉

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
温泉(公式HPより)

温泉は男女別の大浴場があり、朝6時〜深夜12時の時間帯で利用できます。

露天風呂はなく、浴槽は大きいものが1つだけですが、湯加減もちょうどよくてゆったりできました。

つきユカ

温泉は無色透明でした(飲んでないので味は知りません!)

脱衣所が混んでいるように見えても、洗い場は10個ほどあり、順番待ちすることなく余裕がありました。

スパ専用のizumiというシャンプーが置いてある洗い場があったので使ってみたところ、他のシャンプーよりも使い心地が良かったです。

また、脱衣場にバスタオルとフェイスタオルが大量に置かれており、部屋からタオルを持ってこなければならない煩わしさがなく良かったです。

ちなみにギャラリー(一部商品は販売)も、このizumiの中にあります。

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
ギャラリー

ラウンジ・レストラン

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
レストラン入り口

今回、夕食(別料金)と朝食(グローバリストは2名無料)はリビングルーム(ラウンジ)の奥にある洋食レストラン『ウェスタンキュイジーヌ』でいただきました。

ラウンジ(リビングルーム)

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
ラウンジメニュー(22年12月時点)

ハイアットリージェンシー箱根では、宿泊客なら誰でも午後4時30分から7時30分の間、無料でアルコールを含む飲み物が飲み放題になります。(宿泊後、重要な変更がありました!以下参照ください)

また、グローバリストに対しては特別メニューが用意されており、おつまみも付いてきます。(写真左側のメニュー)

23年1月10日からルールが変更され、1人4,400円となりました。
(グローバリストは2名無料、クラブアクセスアワードは使えるものと思われます)

大変残念な変更ではありますが、レストランでも良い値段するので、よくアルコールを飲む方であれば悪い選択肢ではないかと思います。

レストラン(夕食)『ウェスタンキュイジーヌ』

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
テーブル

人数が6名で多かったためか、1番奥の丸テーブルに案内されました。

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
コースメニュー

私たちはコース料理を予約しましたが、アラカルトメニューもあります。(メニューへのリンクは下部に記載)

どれも上品な味で大変美味しかったです。

ちょうど良いペースで出されるので、スムーズに会話・食事ができました。

レストラン(朝食)『ウェスタンキュイジーヌ』

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記

朝食は『ダイニングブレックファーストビュッフェ』を選択しました。(アラカルトメニューもあります)

こちらは全てのビュッフェメニューを楽しめるコースで、1人3,700円です。

卵料理のみ、オムレツ、スクランブルエッグ、エッグベネディクトから席で注文し、出来立てを持ってきてもらえました。

つきユカ

オムレツはとろっとろでおすすめです!

そのほかのメニュー(ディナー含む)はリンクから確認ください。

宿泊記まとめ:料理も温泉も大満足!ただし注意点も

目次下アイキャッチ

この記事では、温泉付きホテル『ハイアットリージェンシー箱根 リゾート&スパ』をご紹介しました。

箱根の自然に囲まれた場所にあり、建屋にも木がふんだんに使われているので、高級感を保ちつつもどこか穏やかな気持ちになれるホテルです。

また、スタッフの方も温かく、サービスも行き届いているので特別なシーン、贅沢したい場面でおすすめです。

とっても満足できたホテルですが、行ってみて気がついた注意点もあるのでご紹介します。

注意点

今回、宿泊してみて感じた注意点は以下5つです。

注意点
  1. スパの予約はお早めに
  2. ラウンジアクセスは23年1月10日から有料化!(グローバリスト、クラブアクセスリワードは要確認)
  3. 歩いて行ける距離にコンビニ等ないため、部屋食は買ってきておくと良い
  4. 周辺は狭く急な坂道が多い
  5. 小田原駅から無料シャトルバスを利用する際は予約が必要
  • スパは1ヶ月前でもかなり枠が埋まっていましたので、早めの予約をおすすめします
  • ラウンジアクセスは有料化してしまいましたので、要確認ください。
  • ④、⑤は次のアクセスでご説明します。

③周囲には気軽に歩いて行けるコンビニやレストランはありません。

必要な場合は駅周辺であらかじめ購入しておくか、館内のレストランやルームサービスを利用しましょう。

館内のレストランはご紹介した洋食レストラン『ウェスタンキュイジーヌ』の他、寿司を中心とした日本食レストラン『鮨』があります。値段は少々高いですが、味やサービスは満足できます。

アクセス

正直、アクセスは良いとは言えませんが、最寄駅へは無料の送迎バスを利用できます。

ハイアットリージェンシー箱根スイート宿泊記
無料送迎シャトルバス
運行時間所要時間予約
小田原駅小田原駅発        12:15/13:15/14:15
ホテル発      11:30/12:15/13:15
約45分出発1時間前までに要予約
(9人まで)
強羅駅10:00~18:30約5分予約不要

私たちは小田原駅を利用したため、行きは2週間ほど前に予約して乗りました。

バスは9人乗りで小さいため、小田原駅間のバスを利用する場合には早めに予約しておきましょう。

つきナオ

ちなみに、タクシーを利用すると7000円もします…

予約電話番号 0460-82-2000(詳細ページリンク

車で行く場合は、無料で駐車場が利用できますが、周囲は狭くて急な坂道が多いので気をつけて運転してください。(運転に慣れている人ではないと怖いと思います;)

ハイアットリージェンシー箱根 リゾート&スパの口コミ検索・予約はコチラから!/

それではまたお会いしましょう!See you soon.

基本情報

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
ジャンプできる目次