クレジットカード

【持たないと損】アメリカ駐在おすすめクレジットカード|AMEXヒルトン

こんにちは、アメリカケンタッキー州で駐在妻をしているつきユカです。

アメリカはクレジット社会、そして特典がすごく魅力的なので、利用しないのは本当にもったいないです。

この記事では、駐在員本人にはもちろん、駐妻さんにもおすすめなクレジットカード【AMEX Hilton Honors Card】【Hilton Honors Amex Surpass Card】]をご紹介します。

日本に帰ってからも活躍が期待されるカードです。

この記事はこんな方におすすめ

  • アメリカに住んでいる方
  • お得なクレジットカードを探している方
  • ホテル系のカードを保有したい方
  • クレジットスコアが700以上ある方

下記に当てはまる方は、この記事よりも【クレヒス無しでも作れるおすすめカード】(別記事リンク)を先にお読みください。

  • クレヒスが無い方、これからクレヒスを構築したい方
  • そもそもクレヒスって何?

在米者にヒルトンカードをすすめる理由

日本でヒルトンというと、一部の大都市にある高級ホテルというイメージがありませんか?

私も、特別な記念日や友人と贅沢な旅行をしようと思ったときにしか利用したことがありません。

ヒルトンはアメリカ発祥のブランドであり、グループにはお手頃価格~高級ホテルまで18のホテルブランドがあります。

また、アメリカ国内には現在6000近くヒルトン系のホテルが存在し、全て今回ご紹介するヒルトンカードでステータス会員として優位に過ごせます

ヒルトン
ヒルトングループ一覧、ラスベガス・ニューヨークのヒルトングループホテル所在地

どの都市に遊びに行ったとしても、ヒルトングループのホテルを利用することができます

もちろん、日本へ帰国したときなど海外旅行でも使えます。

AMEXヒルトン系カードのラインナップと入会すべきカード

ヒルトンカード

ビジネスカードを除くと、AMEXのヒルトン系カードは3つあり、1人で全種類保有することも可能です。

AMEXは比較的審査が緩く、クレジットスコアが700以上あれば承認されそうです。

ボーナス13万ヒルトンポイント

Hilton Honors Amex Surpass Cardを申し込む

各種ヒルトンカードの比較

もちろん無料カードより有料カードの方が特典は大きく、ポイントが貯まるのが多いです。

主な特徴を比較すると、下記のようになります。

Hilton Honors CardHilton Honors Amex Surpass CardHilton Honors Aspire Card
年会費0円95ドル450ドル
入会ボーナス(紹介リンク経由)8万ポイント13万ポイント15万ポイント
入会ボーナス達成条件:3ヶ月以内1000ドル2000ドル4000ドル
ヒルトン会員ステータス(スタート時)シルバーステータス+年に20000ドル使うと翌年ゴールドステータスにアップゴールドステータス+40000ドル使うと翌年ダイヤモンドステータスにアップダイヤモンドステータス(最高ランク)
外貨手数料無料無料無料
ヒルトンポイント(ヒルトン系ホテル)7倍12倍14倍
ヒルトンポイント(スーパー、ガス、レストラン)5倍6倍7倍(スーパー、ガスはその他に該当)
ヒルトンポイント(その他)3倍3倍3倍
その他特になし15000ドル使うと週末1泊無料宿泊週末1泊無料宿泊(毎年付与)、プライオリティパス、航空券・リゾートで使える各250ドルクレジット
ヒルトンカード比較

カード特典(ヒルトンポイント)の価値

入会ボーナスがどのくらい魅力的なのか、ここで簡単にご説明します。

ヒルトンポイントの価値がどのくらいあるかというと、ビジネスホテルレベルであれば2~3万ポイントで宿泊できます。

また、ヒルトン系最高峰のウォルドーフ・アストリアでも8万ポイント程度で宿泊可能です。

つまり、あなたが年会費無料のカードに入会すると、1泊軽く300ドルを超える高級ホテルに無料で泊まれてしまうという事です。

ヒルトンの会員ステータス

会員ステータスについてはまたは下記の表を参考にしてください。(参考:公式HP)

シルバーゴールドダイヤモンド(最高)
本来の条件達成宿泊数年間7泊以上年間28泊以上年間42泊以上
ペットボトルの水2本ありありあり
部屋の無料アップグレードなしありあり
ホテルで使えるクレジットなしありあり
エグゼクティブラウンジの利用なしなしあり
Wi-Fi無料(スタンダード)無料(スタンダード)無料(ハイスピード)

ホテルで使えるクレジットで、朝食やドリンクを購入できます。

なお、アメリカ以外の国であれば、同行者1名まで無料朝食が提供されます

旅行や出張で朝食が安く済んだり、無料になったりするのは嬉しいですね。

一方で、ハンプトンインやホームウッドなど全てのお客さんに無料朝食を提供しているホテルもあります。

そういうホテルを選べば朝食のためにステータスアップをする必要はありません。

我が家のヒルトンカード戦略:プール制度でポイント活用

我が家では、夫(つきナオ)が年会費95ドルの「Hilton Honors Amex Surpass Card」、妻の私が年会費無料の「Hilton Honors Card」を使っています。

旅行時には、既にダイヤモンドステータスを獲得している夫のカードを使って決済しています。

一緒に泊まる家族で複数のヒルトンカードを持つ意味あるの?

と思われたあなた!あるんです。

実は、ヒルトンでは複数人のポイントを合算して予約に充てることができます。(ポイントをプールすると言います)

そして、合算したポイントで予約した人のステータス待遇が受けられます

つまり、私の年会費無料カードの入会ボーナスポイントを夫のアカウントで合算すれば、高級ホテルで最高峰のおもてなし(ダイヤモンドステータス待遇)を受けられます

>>【ヒルトンポイントを合算する方法】

どのヒルトンカードを申請するか迷っているあなたへアドバイス

アメリカの駐在員家族で、旅行を一切しないという方はごく少数でしょう。

家族で少なくとも1人はゴールドステータス以上になっていると、ホテル滞在時の食事代が安く済みます。

それを踏まえると、おすすめするカードは以下のようになります。

Hilton Honors Amex Surpass Card (年会費95ドル)ゴールドステータス

95ドル
Surpass Card (95ドル)

こんな方におすすめ

  • 都市部への旅行を年1回はする方
  • 出張が多い方

ゴールドステータスからのスタートとはなりますが、既にホテルの食事や売店で使用できるクレジットは付いています

14泊すればダイヤモンドステータスになれるので、出張が多い方にはおすすめです。

年会費95ドルはかかるものの、ウェルカムボーナスポイントだけで600~800ドルの価値があります

ボーナス13万ヒルトンポイント+1泊無料(期間限定)

Hilton Honors Amex Surpass Cardを申し込む

Hilton Honors Aspire Card(年会費450ドル)ダイヤモンドステータス

Hilton Honors Aspire Card
Aspire Card (450ドル)

こんな方におすすめ

  • すぐに上級ステータスを獲得したい方
  • 旅行は贅沢したい方

年会費450ドルに尻込みしてしまいますが、アメリカの駐在家族であればAspire Cardを作っても絶対に後悔しないはずです。

年会費95ドルのSurpass Cardを使ってゴールドステータスからスタートしたとしても、ダイヤモンドステータスになるには、14泊もしなければなりません。

年会費差は450ドル-95ドル=355ドルのため、たったの3泊分程度です

リゾート・航空券の250ドルクレジットだけで、年会費分は回収できますし、更に入会ボーナスもあるのでかなりお得なカードです。

ボーナス15万ヒルトンポイント

Hilton Honors Aspire Cardを申し込む

※リンクはSurpassになっていますのでカードを変更してください

ステータスには期限があり、夫のダイヤモンドステータスが期限切れになる頃、我が家もこのカードにエントリーすると思います。

Hilton Honors Card(年会費無料)シルバーステータス

無料カード
Hilton Honors Card (無料)

こんな方におすすめ

  • 家族にゴールドステータス以上がいる方
  • 旅行が好きな方

家族に誰もゴールドステータス以上がいなければ、年会費をケチらずに上級のSurpass Cardに入ることをおすすめします

このカードでゴールドステータスになるには21泊もしなければなりませんし、ポイント効率も悪いです。

一方で、家族に上級ステータス会員がいれば、この無料カードで十分だと思います

無料の入会ボーナスや日々のお買い物でヒルトンポイントを貯めて、家族旅行に使いましょう!(上級会員にポイントをプールする)

もしご家族にカード保有者がいなければ、当サイトの紹介リンクをご利用ください。

>>年会費無料の【Hilton Honors Card】に申し込む

クレジットカードを作る際の注意点

ここまでご紹介してきた通り、ヒルトンカードはとってもお得で、1人で全種類持っていてもOKです。

ただし、AMEXは使えないお店もありますし、Chaseの24/5ルール(24カ月に5枚までしかクレジットカードは作れない)に引っかからないように注意しましょう。

まとめ:ヒルトン系カードは駐在員家族の必需品!

この記事では、アメリカに駐在する家族は必ず持っておきたいヒルトン系カードについて説明しました。

ヒルトングループのホテルはアメリカ全土に6000ほどあり、旅行先でヒルトングループのホテルが見つけられないことはほぼありません

駐在家族であれば、すぐにゴールドステータスを獲得できる「Surpass Card」かダイヤモンドステータスの「Aspire Card」を作って旅行を楽しみませんか?

それでは、またお会いしましょう! See ya!!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つきユカ

アメリカケンタッキー州レキシントン在住の30歳。 元大手メーカー総合職▶駐妻 現在は夫(つきナオ)と2人暮らし。 旅先では美しい景色と食事が何よりの楽しみ。

-クレジットカード