買い物はRakutenでキャッシュバック!詳細ページへ

アメリカおすすめクレジットカード|年会費無料Chase Freedom Unlimited/Flexの違い・特典・審査

アメリカおすすめ年会費無料カードChase Freedom Unlimited\Flex

アメリカでクレジットカードを作りたいけど、年会費がかかるものは嫌…
おすすめの無料カードを教えてほしい!

つきユカ

私も気に入っている、優秀な年会費無料カードをご紹介します

アメリカのクレジットカードは種類が多すぎて、混乱していませんか?

無料であっても特典が付いているカードがありますが、その中でも自信を持ってオススメできるカードを紹介します。

クレヒスを構築してこれから次のカードへステップアップしたい人へもオススメです。

この記事の内容
  • Chase Freedom Unlimitedのスペック
  • 親カード「Chase Sapphire Preferred」との上手な使い方
  • Chase Freedom Unlimitedの審査に通るスペック、落ちるスペック
  • アメリカのクレジット審査のルール(5/24ルール)

在米1年半にして合計10枚のクレジットカードを持ち、比較検討してきた駐在員夫婦が、カードの魅力や申請のポイントを解説します。

この記事を読めば、限られた駐在期間でもお得なアメリカ生活が送れますよ。

\年会費無料のおすすめカード/

ジャンプできる目次

おすすめの無料カード|Chase Freedom Unlimited

アメリカおすすめカードChase Freedom Unlimited

カードスペック

Chase Freedom Unlimitedは全米NO.1銀行のChaseが発行する、キャッシュバックカードです。

どこで買い物をしても、最低1.5%がキャッシュバックされます

カードスペック
  • 発行会社:Chase(全米No.1銀行)
  • カードブランド:VISA
  • 年会費:無料
  • 入会ボーナス:200ドル(=20000ポイント)※3ヶ月以内に500ドル使うことが条件
  • 外貨手数料:3%
  • 主な特典:キャッシュバック、ユーザー限定の割引オファー、ポータルサイト利用
つきユカ

使いやすいお店のオファーも多く、アメリカ人にも優秀なカードとしてよく知られています

Chaseオファー
オファー(入会後すぐ)

オファーの数はだんだん増えていきます。

アメリカChaseクレジットカードオファー
オファー(数ヶ月後)

Chase Freedomのポイントの貯め方

ここでは、Chase Freedomの基本的な使い方を説明します。

STEP
ポイントを貯める
STEP
ポイントを使う

どこで何を買っても最低1.5%のキャッシュバックがあるので、深く考えずに使っていくのもOKです。

ここでは、より効率的にポイントを稼ぐ方法をご紹介します。

ポイントを稼ぐ方法
  1. 日常生活で使う(1.5~5%)
  2. Chase Travelを使う(5%)
  3. Chaseポータル経由でオンラインショッピングする(1~15%)

②、③はChaseのマイページから行う、オンラインショッピングです。

日常生活で使う(1.5~5%)

お店のカテゴリーによってキャッシュバック率が異なり、1.5%~5%となっています。

先述の通り、どんな買い物でも最低1.5%はキャッシュバックされます。

キャッシュバック還元率
  • レストラン(テイクアウト、デリバリー含む):3%
  • ドラッグストア:3%
  • その他:1.5%
  • ガソリンスタンド:5%(初年度限定)

ガソリンのキャッシュバックは【Upside】というアプリと併用すると、更に強力になります。

Chase Travelで使う(5%)

Chase Travelはカードユーザー限定の、エクスペディアのような旅行サイトです。

Chase Travelで予約できるもの
  • ホテル
  • 航空券
  • レンタカー
  • ツアー
Chase Travel

Chase Travel経由での買い物は、全て5%キャッシュバック対象です。

Marriott,Hyattなど各チェーンのポイントは入りませんが、公式ページよりも安いことがあるので要チェックです。

Chaseポータル経由でオンラインショッピングする(1~15%)

いわゆる「キャッシュバックサイト」を使う時と同じ要領です。

オンラインで買い物をしたい時に、Chaseポータルからリンクに飛んで通常通り買い物するだけです。

キャッシュバックサイトといえば、RakutenTopCashbackibottaが有名です。

サイト、時期によってキャッシュバック率は異なるので、最も有利なサイトを経由するのが良いでしょう。

ちなみに、Chaseポイントの価値は、

【基本価値】1ポイント=1セント(100ポイント=1ドル)

ですが、ポイントの使い道によってはその価値が倍増するので、キャッシュバック率が同じなら、Chaseのポータルを使うことをおすすめします。

つきユカ

ポイント価値を上げる技は、このあと詳しくご紹介します

類似カードのご紹介

大変よく似た、Chase Freedom Flex(年会費無料)というカードがあります。

Unlimitedとの違いは2点だけで、使い方は同じです。

Chase Freedom Flexの特徴
  • 3か月ごとにボーナスアップするカテゴリーが入れ替わる
  • カードブランドがMasterCard
スクロールできます

chase freedom unlimited
年会費無料
VISA
Chase Freedom Flex
Chase Freedom Flex
年会費無料
MasterCard
Chase Travel5%5%
Chase Travel以外の旅行関連1.5%1%
レストラン3%3%
ドラッグストア3%3%
ガソリン(初年度)5%5%
その他1.5%1%
期間限定ボーナス5%
3カ月ごとに
グローサリー、ガソリン、アマゾン
などからランダムに設定される
カテゴリー毎にもらえるポイント
つきユカ

どちらが良いということもなく、ご自分に合う方を選べばOKです
2枚持ちもできます

ポイントを使う

さて、いよいよ貯めたポイントを使う時です。

貯めたポイントは、現金で受け取ったり、Chaseのポータルサイトで買い物に使ったりできます。

※ポイントの有効期限は無いので、カードメンバーである限り貯め続けることができます。

ポイントの還元先
  1. カード、銀行口座へキャッシュバック (1ポイント=1セント)
  2. ギフトカード購入 (1ポイント=1セント、セールあり)
  3. Chaseポータルサイトで使用
  4. Amazon,PayPalの支払いに利用 (1ポイント=0.8セント)
  5. 親カードに移行して使う【裏技】

使い方によって還元率が異なるので気をつけましょう。

見ての通り、一見便利な「④Amazon,PayPalの支払いに利用」は還元率が悪いのでおすすめしません。

Amazonで使いたい場合は、一度ギフトカードに変換するステップを踏むことで1ポイント=1セントの価値になります。

Amazonの他にも、Chaseポータルサイトでは全部で175店を扱っており、期間限定のセールもしています。

chaseポイントギフトカード
つきユカ

よく使うお店がある人は要チェック!

さて、ここでご紹介したい裏技が1つあります。

ポイントを親カードに移行して使う

ご紹介した通り、基本は「1ポイント=1セント」の価値で、お得なギフトカードを見つけたとしても1.2セントほどに上がるだけです。

しかし、裏技「親カードにポイントを移行する」を使えば、その価値は何倍にもなります。

Chaseの他の親カードとの併用でお得

目次下アイキャッチ

貯めたポイントの使い道として、「親カードにポイントを移行する」裏技があると説明しました。

親カードって何?どんなメリットがあるの?

親カードとは?Chase Freedom Unlimitedとの違い

親カードというのは、同じChaseから発行されているプロパーカードを指します。

全部で3種類あります。

  • Chase Sapphire Preferred(年会費95ドル)
  • Chase Sapphire Reserve(年会費450ドル)
  • Chase Ink Business(年会費95ドル)

カードの親子関係は、同一住所に住んでいる1人に限られます
→同一人物が2枚カードを持つ必要はなく、夫婦でそれぞれが持てばOK

つきユカ

我が家も夫婦で親子カードを成立させています

親カードもカード利用でポイントが貯まるカードですが、Chase Freedom Unlimitedと大きく違う特徴が2点あります。

親カードの特徴
  1. Chaseポータル利用時、ポイントが25~50%増になる
  2. Chaseポイントを還元先パートナーの独自ポイントに変換できる

Chaseポータル利用時、ポイントが25~50%増になる

Chaseポータルで買い物をする際、Chase Freedomで貯めたポイントをそのまま使おうとすると、

基本、1ポイント=1セント

しかし、親カードChase Sapphire Preferredだと、ポイント価値は25%アップされるので、

Chase Freedomで貯めたポイントを親カードに移行して使うと、1ポイント=1.25セント

となり、より高額なものが手に入ります。

Chaseポイントを還元先パートナーの独自ポイントに変換できる

もう1つの特徴として、親カードではChaseポイントを還元先パートナーの独自ポイントに変換できます

還元先はホテルチェーンや航空会社など旅行系で複数社あります。

ここで、ホテルチェーンの1つHyatt(ハイアット)を例にとってみます

Chase TravelからHyattの予約をしても、安く済むことはありますが、Hyatt独自のポイントや宿泊数は貯まりません

一方で、親カードならChaseポイントを1:1でHyattポイントに交換でき、Hyattの公式サイトからポイント予約しても宿泊数もカウントされます。

1Chaseポイント=1セントでしたが、1Hyattポイントは1セントではありません

以下は、ハイアットの予約サイトです。

1Hyattポイント=20~30セントほどの価値ということがわかりますね。

Chaseポイント宿泊

Chase Freedomで貯めた1セントの価値のポイントが、親カードに移行することで、20〜30倍の価値になる!

親カードは有料カードのため、他にもたくさんの特典があります。

アメリカ駐在おすすめクレジットカード|Chase Sapphire Preferredの特典・入会審査ルール(条件)で詳しく説明しています。

親カードとの使い分け

ポイントを移行するなんて面倒だし、親カードだけ持てばいいんじゃないの?

と思われた方もいるでしょう。

わざわざ2枚カードを作ってポイントを移行する理由は2つです。

  1. カテゴリーによってはChase Freedomの方がポイントが貯まるから
  2. Chase Freedomの方が親カードより申請が通りやすいから

実際に、3枚のカードを比較してみましょう。

※Chaseのビジネスカードは駐在員には作るのが難しいので、ここでは比較対象外とします。

スクロールできます
Freedom Unlimited
chase freedom unlimited
年会費無料
Sapphire Preferred
Preferred Card
年会費95ドル
Sapphire Reserve
Reserve
年会費550ドル
Chase Travel
(ホテル)
5%5%10%
Chase Travel
(フライト)
5%5%5%
Chase Travel以外
の旅行関連
1.5%2%3%
レストラン3%3%3%
ドラッグストア3%1%1%
ガソリン(初年度)5%1%1%
その他1.5%1%1%
Chaseポータル
使用時のボーナス
25%アップ50%アップ
カテゴリー毎にもらえるポイント

ご覧の通り、ガソリンやドラッグストア、その他の買い物は年会費無料のChase Freedomの方が獲得ポイントが大きくなります

普段使いにはChase Freedomを使用し、貯めたポイントを親カードで使えば良いんです。

また、親カードの3種はChase Freedomよりも申請が厳しく、我が家でも4回目の申請でやっとゲットしました

4度もトライするには数ヶ月かかります。

最初にハードルを下げてChase Freedomを取得しポイントを貯めながら親カードの取得を目指す方が、何度も失敗してその間ポイント還元の低いカードを使い続けるよりも効率が良いですよね。

Chase Freedom Unlimitedの審査に通るコツ

Chaseのクレジットカード審査【5/24ルール】

Chase Freedomを申請するにあたり、「Chase 5/24ルール」に注意しましょう。

簡単にいうと、24か月でカード発行は5枚までというルールです。

(ビジネスカードは対象外)

Chase発行のカードに限定された話ではなく、AMEXや他の地銀など全てが対象です!

「Chase 5/24ルール」についてもっと知りたい方は、こちらをクリックしてください。

例として、同時期にカードを持ち始めた、4人のカード申請状況を比較してみましょう。

5/24ルール
Chase5/24ルール

Aさんは直近2年で4枚しかカードを作っていないので、5/24ルールはクリアです。

Bさんは5枚作ってしまっているので、アウト。

Cさんのように解約して所持数を減らしても、発行数でカウントされるので5枚発行していればアウト。

一方でビジネスカードはカウントされないので、Dさんのようにパーソナルカードが4枚以下であれば、ビジネスカード含めて5枚以上になっていてもクリアです。

承認された時の条件・クレジットスコア

先程触れた5/24ルールはあくまでも最低条件で、Chaseはクレジットカード発行に対してかなり厳しいです。

私もクレヒス構築後、初めて申請した時には、即却下されました。

対照的に、直後に申し込んだヒルトンカード(AMEX)は即承認でした。

2度申請した際の私のステータスは、以下の通りです。

却下された時のステータス
  • クレジットスコア:720(Credit karma)
  • Chase Checking口座預金額(ジョイント口座): 2.2万ドル
  • SNS取得後:4ヶ月
  • クレジットカード発行数:パーソナル1枚(Discover)

先述の通り、このステータスでもAMEXのヒルトンカードは即承認されました。

承認された時のステータス
  • クレジットスコア:742(Credit karma)
  • Chase Checking口座預金額(ジョイント口座): 3万ドル
  • SNS取得後:10ヶ月
  • クレジットカード発行数:パーソナル2枚

2回目に申請された時には、即承認されたので、もう少しスペックが低くても承認されたかもしれません。

Chaseの銀行口座を持っていると審査に有利

明確にルールが公表されているわけではありませんが、他の方の情報も参考にすると、Chaseはカード以外の取引履歴含め、その関係性を重要視しています。

よって、ChaseのChecking口座は開設しておくことをおすすめします。

詳細は、Chase銀行で口座開設するメリット3つ|アメリカ駐在者におすすめで紹介しています。

Chaseのクレジットカード申請戦略

この記事でお伝えしてきた通り、Chaseのクレジットカードを攻略する上で大事なポイントが3点あります。

Chaseについて知っておくべきこと
  1. Chase Freedom Unlimitedは親カードとの併用で超お得カードに化ける
  2. Chaseのクレジットカードは審査が厳しい(親カードはもっと厳しい)
  3. ポイントに有効期限は無い

以上を踏まえて、以下のような使い方・申請をするのはいかがでしょうか?

つきらいふ提案【カードを申請する順番・使い方】
STEP
ANA USA, USA JALやDiscoverでクレヒスを構築する
STEP
Chase Freedomを申請する
STEP
Chase Sapphire Preferredを申請する
STEP
Chase Freedomで過去貯めたポイントを使う

他にも狙っているカードがある人は、次のように申請しましょう。

  • Chase Freedom Unlimited(Flex)と同じ日に申請する
  • ビジネスカードを申請する

カードの申請をすると、審査結果に関わらずクレジットスコアが翌日以降に下がります。

つまり、当日は変わらないので、クレジットスコアが高いまま複数のカードの審査を受けられます。

また、ビジネスカードはChaseの5/24ルールの枚数にカウントされません。

AMEXのビジネスカードであれば、駐在員でも作ることができます。

我が家が所有するビジネスカード

まとめ

これまでChase Freedom Unlimited/Flexについて解説してきました。

1枚だけでキャッシュバックを受けるのももちろん良いですが、やはり親カードとの併用がおすすめです。

最後に、この記事の内容をまとめます。

記事内容まとめ
  • Chase銀行が発行する年会費無料カード
  • 何に使っても必ずキャッシュバック対象になる
  • 親カードを併用すれば、もっとお得なカードになる
  • 親カードと子カードは夫婦それぞれで1枚ずつ持てば良い
  • カード審査が厳しめなので、ルールやクレジットスコアに気をつける

\年会費無料のおすすめカード/

※Chase Freedom Flexを申し込む場合も、同じ紹介リンクが使えます

それではまたお会いしましょう! See ya!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
ジャンプできる目次