国立公園・主要公園

【21年徹底ガイド】モニュメントバレーのバレードライブ観光 回り方・料金・所要時間・ホテル

モニュメントバレー

数々の映画の舞台になり、世界的に有名になったモニュメントバレー。

グランドサークル周辺を観光するのであれば、絶対に外せない場所です。

最大限に楽しむ方法を、21年9月に訪れた内容をもとに徹底的に解説していきます。

この記事でわかること

  • 基本情報(場所・費用・服装)
  • バレードライブ観光の仕方
  • 必見スポット
  • 旅程の組み方、近隣の観光地
  • おすすめのホテル

モニュメントバレー(Monument Valley)の概要

ユタ州南部からアリゾナ州北部にかけて広がる地帯です。

土地の浸食によって造られた、一面に広がる赤土と様々な形をした無数のモニュメントが特徴です。

先住民であるナバホ族が今でも生活しており、その一部が公園として一般公開されています。

場所

ラスベガスからは車で6時間半以上かかるので、ラスベガスを出発地点にする場合は、

他の観光スポットを順に回りながら終盤に訪れる場所になりそうです。

入場料

入場料は車1台20ドルです。

国立公園ではないため、年パスは使えません。

22年に価格変更があると予告されています

営業時間

夏季:午前6時~午後8時 (バレードライブ最終入場は午後4時半)

冬季:午前8時~午後5時(バレードライブ最終入場は午後2時)

※朝日を見る場合には営業時間より早く入場できます

おすすめの服装

基本は車移動なので、服装はあまり気にする必要はありませんが、平地の服装とほぼ同じで良いです。

日差しが強いので、サングラス・帽子があるとベターです。

モニュメントバレーの楽しみ方3つ

楽しみ方

  • バレードライブ
  • ツアーに参加する
  • ビジターセンターから景色を眺める

バレードライブ

園内を自分の車で走って観光します。

舗装されていないオフロードを運転し、スリルを感じながら、絶景を楽しむことができます

私たちは、こちらを選択しましたのでこの後詳しく解説します!

ツアーに参加する

ナバホ族のガイド付きツアーに参加できます。

ビジターセンターの前で当日受付も行っています

園内には、ツアーでしか入れないエリアも存在します

ツアーに参加した場合は、オフロードにピッタリなジープで観光するようです。

ビジターセンターから景色を楽しむ

ビジターセンターからも有名なミトンビュートとメリックビュートのパノラマを見ることができます。

でも、せっかく行くのであればバレードライブかツアー参加のどちらかをお勧めします。

バレードライブを楽しもう

※21年9月に訪問した体験をもとに記載しています。

バレードライブできる車種

ご自身の車やレンタカーでオフロードを走れるのか、気にされている方もいるでしょう。

一般的にSUVが推奨されており、SUVなら間違いなしですが、トヨタのカムリ(セダン)でも問題なく走れました。

ただし、車高が低いスポーツカーなどは地面を擦ってしまう可能性があります。

SUVが推奨されているものの、セダンでも概ね問題なし!

園内は一切舗装はされていませんが、ほとんどはなだらかな道です。

モニュメントバレー道

最もでこぼこしていたのはこんな道ですが、ほんの数十メートルなので、ゆっくり進めば大丈夫です。

バレードライブ道
園内のでこぼこ道

ワンポイントアドバイス

長距離運転による疲労蓄積はSUVとセダンでは大きな差があります。

私たちは普段SUVに乗っていますが、この旅行でレンタルしたセダン(カムリ)を1000マイル以上運転し、その違いを身をもって体感しました。

旅行人数や荷物の量にもよると思いますが、可能であればセダンをレンタルすることをお勧めします。

つきナオ

セダンのほうが疲れないし、レンタカー代・ガソリン代も安いね

私たちが利用したエクスペディアなら、レンタカー会社を比較検討できます!

なぜがレンタカー会社のHPから直接申し込むより安く、更にポイントも貯まりました。

入場

バレードライブできる車の数は決められており、”1台出てくる毎に新たに1台が入る”という仕組みで係員の方が整備しています。

朝9時頃には既に列ができおり、15分くらい並びました

出る時にはもっと列が長かったので、早めの入場をおすすめします

バレードライブ
入口で並ぶ車

現在は入場できる車が25台に制限されており、2時間で出なければなりません。

先頭付近に来た時に渡される用紙に、住所・メールアドレス・車種を記入します。

順番が来ると、その用紙に入場時間が記録され、2時間以内に出口でまたその用紙を渡して終了となります。

園内マップ

園内は単純な一本道で、看板もあるので迷うことはありません。

道順に沿って、1~11の番号が振られた場所に全て立ち寄ります。

モニュメントバレーマップ

主な見どころ

地図No.4 ジョン・フォード・ポイント(John Ford's Point)

映画の舞台で使用されており、1番人気です。

他と比べて駐車スペースが広く、ビジターセンターを除いてはナバホのお土産を購入できるお店も並んでいます。

馬と一緒に記念撮影をすることもできます。(3~6ドル)

※お金を払えば乗れます

モニュメントバレー
馬と記念撮影可能

ナバホ族が飼っている、とても人懐っこい犬も自由にしています。

モニュメントバレー
凛々しい犬

景色を一望でき、更に映える写真が撮れるこの崖の上は人気です。

順番待ちをしていたら、John Fordts Pointは帰りにも立ち寄れる場所にあるので最後に回しても良いです。 (私たちはそうしました)

モニュメントバレー
つきユカ

犬と戯れる時間も含め、30分くらいここに費やしました

2時間で11か所回らないといけないのに30分も!?と思われたかもしれませんが、ここ以外はほとんど時間はかかりません。

すぐ近くの駐車スペースに車を停めて、写真を撮って次に向かうといった要領です。

地図No.1 メリック(MERRICK)

ビジターセンターからでも見られますが、こんなに近づいては見られません。

地図No.3 スリー・シスターズ(Three Sisters)

モニュメントバレー

細い3本の岩が3人姉妹に見えます(かね?)

地図No.11 クライ・ビュート(CLY BUTTE)

モニュメントバレー

先述の通り、道順に沿って行けば11か所全部回れますし、回ってください!

所要時間

2時間の時間制限があります。

私たちは、11か所全部回って出た時には、1時間45分経っていました。

バレードライブは、2時間+待ち時間を見ておきましょう

無料で行ける!公園外の必見スポット

フォレスト・ガンプ・ポイント(Forrest Gump Point)

モニュメントバレーに北東から入る場合に通る場所です。

ビジターセンターから20分ほど離れた場所です。

フォレストガンプポイント
フォレスト・ガンプ・ポイント

真っすぐに延びた道と、奥に見えるモニュメントが美しいです。

ほとんどの人がここで停車します。

普通の道路なので気を付けて、そして譲り合って写真を撮ってください。

モキ・ダグウェイ(Moki Dugway)

ビジターセンターからは45分ほど離れています。

モキ・ダグウェイ

ほとんどのサイトでフォレスト・ガンプ・ポイントは紹介されていますが、こちらはマイナーです。

しかし、そこから展望できる景色はとても素晴らしいので、ぜひ行ってください。

注意点としては、最後に写真に写っている細い坂道を登らなければいけないことです。

「大きい車とすれ違うのは緊張する」というような幅です。

メキシカン・ハット(Mexican hat)

フォレストガンプ・ポイントからは8分。

モキ・ダグウェイに行く方は、フォレストガンプ・ポイントへ向かう道の途中にあるので寄ってみてください。

メキシカンハット

ただ、思っていたより小さくて、ちょっとがっかり笑

おすすめホテル

朝出発で上記3つとモニュメントバレーも制覇するには、Bluff(ブラフ)もしくはKayenta(カイエンタ)という町でホテルを取るのがおすすめです。

私たちはHampton inn Kanabに宿泊しました。

ヒルトンブランドということで、安定しており良かったです。

【ホテルズコンバインド】 なら、複数サイトの宿泊価格を一度に確認できて便利です。

合わせて行ける観光スポット

アンテロープキャニオン

2時間ほどでアクセスできます。

アンテロープキャニオンを観光するには、ツアーの申し込みが必須です。

アンテロープ
おすすめ【予約必須】アンテロープキャニオン|ロウアーツアー・料金・所要時間

ホースシューベンド

2時間ほどでアクセスできます。

おすすめ【必見】ホースシューベンド観光|見どころ・料金・所要時間(アメリカ)

グランドキャニオン

2時間45分ほどでアクセスできます。

ただ、トレイルを楽しみたい場合は、モニュメントバレーと組み合わせると時間が足りないかもしれません。

おすすめグランドキャニオン国立公園観光|見どころ・料金・所要時間・注意点

グランドサークル周遊の予定を立てたい方はこちらが役立ちます。

モニュメントバレー
おすすめ【21年徹底ガイド】モニュメントバレーのバレードライブ観光 回り方・料金・所要時間・ホテル

まとめ:モニュメントバレーはスリルも絶景も楽しめる

レンタカーで行かれる場合には、ぜひともバレードライブを体験してみてください。

モニュメントバレーを旅程に入れるか迷われている場合は、絶対に入れてください。

後悔はしません。

それでは、またお会いしましょう! See ya!!

\ 安いホテルを一括で検索 /

おすすめ宿泊エリア:ブラフ(Bluff)もしくはカエンタ(Kayenta)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つきユカ

アメリカケンタッキー州レキシントン在住の30歳。 元大手メーカー総合職▶駐妻 現在は夫(つきナオ)と2人暮らし。 旅先では美しい景色と食事が何よりの楽しみ。

-国立公園・主要公園