スーパーでキャッシュバックをもらおう【ibotta】詳しく見る

【レビュー】World of Hyatt Credit Card|アメリカホテル系クレジットカードの特典

【レビュー】World of Hyatt Credit Card|アメリカホテル系クレジットカードの特典

こんにちは、アメリカ在住3年目のつきユカです。

私たち夫婦はアメリカのホテルチェーンの上級ステータスを保有して旅行を楽しんでいますが、ダントツでハイアットが好きです。

  • マリオット(Marriott):チタニウムエリート
  • ヒルトン(Hilton):ダイヤモンド
  • IHG:プラチナ
  • ハイアット(Hyatt):グローバリスト

今年もグローバリストを死守すべく、World of Hyatt Credit Cardを手に入れたので、その使い心地についてレビューしていきます。

ハイアットのステータス制度や宿泊数を稼ぐ過程のリワードについてはこちら

ジャンプできる目次

World of Hyatt Credit Cardのスペック

ハイアットクレジットカードカードworld of hyatt credit card
カードデザイン
  • 年会費:95ドル
  • ブランド:VISA
  • 発行:Chase
  • 外貨手数料:無料
項目詳細
入会ボーナス期間限定35,00030,000ポイント(3ヶ月で3,000ドル利用)+最大30,000ポイント(6ヶ月間、15,000ドル利用まで通常1倍ポイントカテゴリーが2倍)
特典ディスカバリスト進呈(=ボーナスポイント+10%)
宿泊実績5泊
カード更新時、無料宿泊1泊(カテゴリー4まで)
カード使用特典5,000ドル使用毎に宿泊実績2泊
15,000ドル使用すると無料宿泊1泊(カテゴリー4まで)
ポイント獲得【4倍ポイント】
Hyattホテルに宿泊
【2倍ポイント】
レストラン
航空チケット(航空会社公式サイトで購入)
交通(タクシー、有料道路、駐車代、ライドシェアなど)
フィットネスクラブ、ジムのメンバーシップ費用
【1倍ポイント】
その他の利用
主なスペック

メリット

  • 更新時、無料宿泊がもらえる
  • ポイントを貯めやすい

デメリット

  • 入会ボーナスを満額もらうのは難しい

入会ボーナス

入会ボーナスは最大60,000ポイントで、大きく2つに分けられます。

  • 30,000ポイント(3ヶ月で3,000ドル利用)
  • 最大30,000ポイント(6ヶ月間、15,000ドル利用まで通常1倍ポイントカテゴリーが2倍)

①は他のクレジットカードにもよくある特典で、カードを有効化してから3ヶ月以内に3,000ドル利用すると、30,000ポイントもらえます。

ハイアットのホテルは最低3,500ポイントで無料宿泊できるので、これだけでも最大8泊できる計算になります。

②は最初の6ヶ月、通常であれば1倍ポイントしか獲得できない『その他カテゴリー』での利用が15,000ドル分まで2倍ポイントになるという特典です。(最大30,000ポイント獲得)

この2点を含めて公式HPでは『入会ボーナス60,000ポイント』と言っているのですが、実際には②を満額獲得するのは普通の会社員では極めて難しいと考えます。

この点においては、貯めたポイントをハイアットで1:1比率で交換できるChase Sapphire Preferredの方が優れています。

年会費は同じ95ドルですが、3ヶ月に4,000ドル利用で入会ボーナス60,000ポイントがもらえます。

ディスカバリスト

ハイアットの会員ステータスは4ランクあり、カードを作ると下から2番目のディスカバリストの資格が与えられます。

  • メンバー(Member)
  • ディスカバリスト(Discoverist)
  • エクスプローリスト(Explorist)
  • グローバリスト(Globalist)

ディスカバリストは10泊するともらえる資格なので正直大した特典ではありませんが、何もないよりは断然良いです。

ハイアットステータスグローバリスト

個人的には、毎日ミネラルウォーターがもらえることやレイトチェックアウトが嬉しいです。

宿泊実績

上級ステータスを目指す人にとってはありがたい特典です。

  • カード保持者全員に対して、毎年宿泊実績5泊分
  • 5,000ドル使用毎に宿泊実績2泊

最高ランクのグローバリストになるには、年間60泊必要です。

初めから5泊分はカウントされた状態なので、残り55泊。

1泊125ドル程度の安いホテルばかり利用していたとしても、毎回このカードで決済するとすると、40泊したくらいで5,000ドルを超えるので、②の特典で2泊分追加カウント。

実質、グローバリストになるには60-5-2=53泊 必要な計算になります。

ただし、この過程で貯めたポイントを使って無料宿泊をすると思うので、53泊全てが有償宿泊になるわけではありません。

無料宿泊特典をもらう方法
  • カードを更新する
  • エクスプロリストになる(実質25泊)
  • 5つの新しいホテルブランドに宿泊する

ハイアットのステータス制度の詳細や、ポイント・無料宿泊特典のもらい方については別の記事で詳しく記載していますのでご覧ください。

ポイント獲得(ハイアット利用で4倍ポイント)

ハイアット系ホテルの利用金額1ドルにつき、4ポイントがボーナスとして付与されます。

また、メンバー登録していればどんなカードを使っても1ドルにつき5ポイントがベースポイントとして付与されるので、実質1ドルにつき9ポイントが付与されることになります。

そして会員ステータスが上がるとさらにボーナスポイントが追加されます。

  • ディスカバリスト(Discoverist):+10%ボーナス
  • エクスプローリスト(Explorist):+20%ボーナス
  • グローバリスト(Globalist):+30%ボーナス

ハイアットのポイントに交換できるカードは他にもありますが、このWorld of Hyatt Credit Cardが1番ハイアット利用での獲得ポイントが高いです。

2倍ポイント

以下のカテゴリーでは、獲得ポイントが2倍になります。

  • レストラン
  • 航空券(航空会社のHPから直接購入したもの)
  • 交通(タクシー、有料道路、駐車代、ライドシェア)
  • フィットネスクラブ/ジムのメンバーシップ費用

有料道路や駐車代、フィットネスクラブ/ジムのメンバーシップ費用でボーナスポイントがもらえるカードは少ないので、World of Hyatt Credit Cardを積極的に使うとよいでしょう。

無料宿泊に必要なポイント

ハイアットブランド
ハイアットのブランド

ハイアットのホテルはカテゴリーにランク分けされており、無料宿泊する時の必要ポイントが異なります。

カテゴリー別のホテル宿泊必要ポイント

必要ポイントは時期や曜日によって異なりますが、1番低いカテゴリー1のホテルであれば3,500ポイントから宿泊できます。

カテゴリー必要ポイント宿泊記ホテル一覧(公式HP)
カテゴリー11泊3,500PからHyatt Place
Hyatt Houseなど
カテゴリー1
カテゴリー21泊6,500PからHyatt Lodge Oak Brook Chicago
Hyatt House Atlanta/Perimeter Center
カテゴリー2
カテゴリー31泊9,000Pからカテゴリー3
カテゴリー41泊12,000PからThompson Chicagoカテゴリー4
カテゴリー51泊17,000Pからカテゴリー5
カテゴリー61泊21,000Pからハイアットリージェンシー箱根 リゾート&スパカテゴリー6
カテゴリー71泊25,000Pからカテゴリー7
カテゴリー81泊35,000PからPark Hyatt New York
Hyatt Centric Key West Resort & Spa
Point Grace
カテゴリー8
ホテル宿泊必要ポイント

入会ボーナスの30,000ポイントだけでもかなり選択肢があることがわかると思います。

カード更新時と30泊達成時にもらえる無料宿泊特典はカテゴリー4までに使えます。

カテゴリー4まででもクオリティの高いホテルがたくさんありますよ!(実際に宿泊して気に入ったホテルだけ宿泊記を書いているのでぜひ読んでみてください)

カテゴリー別のオールインクルーシブホテル宿泊必要ポイント

オールインクルーシブホテルはカテゴリーAからFに分類されています。

スクロールできます
カテゴリー必要ポイント宿泊記ホテル一覧(公式HP)
カテゴリーA1泊12,000PからカテゴリーA
カテゴリーB1泊17,000PからカテゴリーB
カテゴリーC1泊21,000PからカテゴリーC
カテゴリーD1泊25,000PからSecrets Wild Orchid Montego BayカテゴリーD
カテゴリーE1泊35,000PからHyatt Zilara CancunカテゴリーE
カテゴリーF1泊42,000PからカテゴリーF
オールインクルーシブホテル宿泊必要ポイント

1泊12,000ポイントからオールインクルーシブホテルに泊まれることを考えると、かなりコスパが良いです。

ハイアットのポイントが貯まる他のおすすめカード

これまでハイアットに特化したWorld of Hyatt Credit Cardをご紹介してきました。

ハイアットのポイントを貯めたり、上級ステータスを目指すことを第一に考えるのであればWorld of Hyatt Credit Cardが間違いなくおすすめです。

上級ステータスを目指せるほど宿泊数を稼げないよ

ハイアットだけじゃなくて他のホテルにも泊まれる方法はない?

こんなお悩みを持つ方に、他のおすすめカードをご紹介します。

Chase Sapphire Preferred

1枚目は優秀なプロパーカードとして大人気のChase Sapphire Preferredです。

Preferred Card
カードデザイン
  • 年会費:95ドル
  • ブランド:VISA
  • 外貨手数料:無料
項目詳細
入会ボーナス
6万ポイント=ハイアット6万ポイント相当
(達成条件:3ヶ月以内に4000ドル)
ポイント還元先
ユナイテッドなど複数の航空会社、ホテル
主な特典
カードユーザー限定割引(不定期)
独自の旅行サイト(公式より安いことも)
カードの特徴

おすすめポイント

  • Hyattのポイント還元率が良い!
  • カードユーザー限定割引に使いやすいお店(有名チェーン)がよく出る

注意点

  • 十分なクレジットスコアが必要

ホテルのポイント交換先として3つラインナップされており、ハイアットのポイントとは1:1で交換できます。

  1. IHG
  2. Marriot(マリオット)
  3. Hyatt(ハイアット)

\絶対に持ちたい充実の1枚/

BILT

BILT
カードデザイン
  • 年会費:無料
  • ブランド:Mastercard
  • 外貨手数料:無料
項目と評価詳細
入会ボーナス
カード有効化から5日間、ポイント5倍(家賃除く)
ポイント還元先エアライン、ホテルで1:1詳細
還元率は低いが、Amazonや家賃支払いにも使える
主な特典家賃支払いで1ドル=1ポイント

家賃支払い手数料無料
申請の通りやすさクレジットヒストリー構築後、2枚目のカードとしても申請可能
カードの特徴

おすすめポイント

  • 年会費無料
  • 家賃支払いで唯一ポイントが稼げるカード
  • 家賃支払い時の手数料無料
  • 1:1で提携会社のポイントと交換可能(ユナイテッド航空、アメリカン航空、ハイアット含む)

注意点

  • 1ヶ月に5回使わないとポイントが入らない

ホテルのポイント交換先はChase Sapphire Preferredと同じです。

こちらもハイアットは1:1で交換できます。

  • IHG
  • Marriot(マリオット)
  • Hyatt(ハイアット)

\賃貸居住者なら絶対に持ちたい1枚/

この記事では、ハイアットが好きな人には超おすすめのクレジットカードWorld of Hyatt Credit Cardをご紹介しました。

効率よくポイントを貯めて、お得に宿泊したいですね♪

現在、紹介制度は廃止されているようなので、World of Hyatt Credit Cardの紹介リンクは貼っていません、ご了承ください。

それではまたお会いしましょう!See ya!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
ジャンプできる目次