買い物はRakutenでキャッシュバック!詳細ページへ

ワシントンD.C.おすすめ観光スポット12選|モデルコース&入場チケット予約先一覧

ワシントンD.C.おすすめ観光スポット

ワシントンD.C.は見どころが多いね

無料で行けるところもたくさんあるみたい!

つきユカ

そうなんです!でも、中には予約しないと入れない場所もあるから気をつけて!

こんにちは、アメリカ在住のつきユカです。

ワシントンD.C.ではアメリカの首都として歴代の大統領を称える建造物や施設がたくさんあります。

また、スミソニアン協会という団体が運営している博物館・美術館は無料で公開され、観光客からも大人気です。

しかし注意したいのが入場制限。一部施設では入場チケットを事前に入手しないと見学ができません

この記事ではワシントンD.C.の見どころを一挙にご紹介しながら、予約が必要(orおすすめ)な施設も併せてご紹介します。

情報は23年3月時点です

この記事でわかること
  • ワシントンD.C.のおすすめ観光スポット
  • 予約が必要かどうか
ジャンプできる目次

ワシントンD.C.のおすすめ観光スポット

ワシントンD.C.観光見どころ
ワシントンD.Cの.ダウンタウン

ワシントンモニュメント(ワシントン記念碑)

ワシントンD.C.観光見どころ|ワシントンモニュメント
ワシントンモニュメント

ワシントンモニュメント(Washington Monument)は初代大統領ジョージ・ワシントンの功績を讃えて建設されたアメリカ合衆国大統領記念碑の1つで、ワシントンD.C.のシンボルとなっています。

アメリカ国旗にぐるっと囲まれそびえ立つ昼間の姿も素敵ですが、より存在感が際立つ夜のライトアップも見逃せません。

ワシントンD.C.観光見どころ|ワシントンモニュメント
ライトアップされたワシントンモニュメント

また、ワシントンモニュメントはワシントンD.C.で1番高い建物で、その展望台からはワシントンD.C.を360°一望できる人気スポットです。

ワシントンD.C.観光見どころ|ワシントンモニュメント
展望台からの景色

ただし、展望台を登るには入場チケットが必要なので注意してください。

私たちは当日券をゲットするために早朝から長蛇の列に並びましたが、事前オンライン予約がおすすめです。

ワシントンモニュメント(Washington Monument)の基本情報
  • 住所 2 15th St NW, Washington, DC 20024(Googleマップ
  • 営業時間(展望台) 9時〜17時
  • 休業日 月1回メンテナンス日(詳細)、クリスマス(12/25)、独立記念日(7/4)
  • 入場料 無料 
    • オススメ入場チケット予約サイト(リンク)※予約手数料1人1ドル
    • 当日券 ワシントンモニュメントロッジにて8:45〜配布
  • ライトアップあり
  • 公式ページ(HP

リンカーン記念堂

ワシントンD.C.観光見どころ|リンカーン記念堂
リンカーン記念堂

リンカーン記念堂(Lincoln Memorial)は1日を通して自由に訪問できます。

先にご紹介したワシントンモニュメントから公園内を歩いてアクセスできるので、一緒に訪問するのがおすすめです。

リンカーン記念堂の目の前にあるリフレクティングプールにワシントンモニュメントが水面に移り、とても綺麗です。(プールの横側からは映らず、リンカーン記念堂の前でないと綺麗に見えません)

ワシントンD.C.観光見どころ|ワシントンモニュメント
リフレクティングプールに反射するワシントンモニュメント

夜にはワシントンモニュメントとリンカーン記念堂がライトアップされ、また違った景色が楽しめるので昼夜両方行くのがおすすめです。(夜のライトアップ時もリフレクティングプールにワシントンモニュメントが映ります)

リンカーン記念堂(Lincoln Memorial)の基本情報
  • 住所 2 Lincoln Memorial Circle, NW Washington, DC 20002(Googleマップ
  • 営業時間 24時間
  • 年中無休
  • 入場料 無料 
  • ライトアップあり
  • 公式ページ(HP

国会議事堂

ワシントンD.C.観光|国会議事堂ツアーチケット
国会議事堂

国会議事堂(United States Capitol)はアメリカの連邦議会が開催されている場所です。

国会議事堂の中は豪華な装飾がほどこされており、天井には歴史的な出来事が絵で残されていたり、ホールには米国史における偉大な出来事や人物を讃える彫像がたくさんあります。

ワシントンD.C.観光|国会議事堂ツアーチケット
国会議事堂の中

ビジターセンターで開催される無料ツアーに参加すれば中に入ることができます。

平日の朝早い時間であれば当日予約無しでも入れますが、オンラインで事前予約することをおすすめします。

国会議事堂(United States Capitol)の基本情報
  • 住所 First St NE, Washington, DC 20515(Googleマップ
  • 営業時間 8:30-16:30
  • 休業日 毎週日曜、サンクスギビング(11/23)、クリスマス、元旦、大統領就任式の日
  • 入場料 無料
    • オススメ入場チケット予約サイト(リンク
    • 当日ウォークインも可
  • 公式ページ(HP

また、すぐ目の前に最高裁判所と議会図書館があります。(議会図書館に入るには入場チケットが必要)

ホワイトハウス

ホワイトハウス観光
ホワイトハウス

ホワイトハウス(The White House)はワシントンD.C.の中心部にあり、現役のアメリカ大統領が居住し、執務を行う場所です。

一般人は中を見学するには条件が厳しいですが、外から写真を撮ることは自由です。

近くにあるビジターセンターでは、ホワイトハウスの中について詳しく知ることができ、センスの良いお土産も買えるのでぜひ行ってみてください。

ホワイトハウス(The White House)ビジターセンターの基本情報
  • 住所 1450 Pennsylvania Avenue NW, Washington, DC 20230(Googleマップ
  • 営業時間 7:30-16:00
  • 休業日 サンクスギビング(11/23)、クリスマス、元旦
  • 入場料 無料
  • 公式ページ(HP

ナショナルギャラリー

ワシントンD.C.観光|ナショナルギャラリー
ナショナルギャラリー(工事中)

ナショナルギャラリー(National Gallery of Art)は入場料無料の美術館ですが、そのクオリティに驚きます。

ワシントンD.C.観光|ナショナルギャラリー
ルノワール

無料にも関わらず作品数は13万点以上あり、その中にはルノワール、モネ、ゴッホなど超有名画家の作品も含まれます。

ワシントンD.C.観光|ナショナルギャラリー
ゴッホ

館内は広いので全部見て回るのは数時間かかります。

あらかじめアプリをダウンロードしておけば、必見作品の場所を教えてくれるので、効率的に回れ、絶対に見ておかなければならない作品も取りこぼしなく見られます。

入場制限はなく、簡単な荷物検査の後は自由に出入りできます。

ナショナルギャラリー(National Gallery of Art)の基本情報
  • 住所 6th and Constitution Ave NW, Washington, DC 20565(Googleマップ
  • 営業時間 10:00-17:00
  • 入場料 無料
  • 公式ページ(HP

国立公文書館(ナショナルアーカイブ)

ワシントンD.C.おすすめ観光スポット
国立公文書館(The National Archives Museum)

国立公文書館(The National Archives Museum)はアメリカの独立宣言など重要書類の写本(詳細)を見ることができます。

館内は撮影禁止なので写真付きで中の様子をご紹介することはできませんが、興味深い展示が多かったです。

中でも人種、女性の権利獲得に向けた歴史を辿る展示(詳細)がショッキングでした。

人気スポットなので事前のオンライン予約がおすすめですが、朝であれば予約無しでもスムーズに入れました

国立公文書館(The National Archives Museum)の基本情報
  • 住所 700 Pennsylvania Avenue NW, Washington, DC 20408(Googleマップ
  • 営業時間 10:00-17:30
  • 休業日 土・日
  • 入場料 無料
    • オススメ予約サイト(リンク) ※予約手数料1人1ドル
    • 当日ウォークインも可
  • 公式ページ(HP

航空宇宙博物館

ワシントンD.C.おすすめ観光スポット
航空宇宙博物館

航空宇宙博物館(National Air and Space)はスミソニアン協会が運営する大きな博物館で、航空機や宇宙に関するテーマがいくつかのブースに分かれて展示されています。

個人的に印象に残ったのは、各惑星の環境が映像で知れるブースとアポロ11号に関する展示です。

ワシントンD.C.おすすめ観光スポット
さまざまな惑星のことが映像で学べる

私たちが訪問したとき、館内の半分以上のスペースがリニューアル工事で閉鎖していたのですが、それでも全部をサッと回るのに1時間ほどかかりました。

入場は無料ですが、事前に入場チケットを予約しないと入れません。また、チケットを予約していても入場待ちの列ができるので最低20分ほど時間がかかります。

有料ですが大人気のプラネタリウムもあります。プラネタリウムも見る場合は、2,3時間程度時間を確保しておいた方が良さそうです。

ワシントンD.C.おすすめ観光スポット

また、ワシントン・ダレス国際空港の近くに別の航空宇宙博物館(ウドバーハジーセンター)があり、こちらは入場チケット不要で無料で入れます。(駐車料金15ドル)

航空宇宙博物館(National Air and Space)の基本情報
  • 住所 600 Independence Ave SW, Washington, DC 20560(Googleマップ
  • 営業時間 10:00-17:30
  • 休業日 クリスマス
  • 入場料 無料
  • 公式ページ(HP

トーマス・ジェファソン記念碑

ワシントンD.C.おすすめ観光スポット
トーマス・ジェファソン記念碑

トーマス・ジェファソン記念碑(Thomas Jefferson Memorial)はアメリカ建国の父の1人であり、アメリカ3代大統領のトーマス・ジェファソンを記念して建てられたドームです。

ドームの中には、トーマス・ジェファソンの彫像と彼の格言が刻まれています。

タイダルベイスン(Tidal Basin)という池のほとりにあり、散歩をするのも気持ち良いです。

ワシントンD.C.おすすめ観光スポット

池側に来ると少々歩くことにはなりますが、記念碑のすぐ横よりは駐車場が見つけやすいです。(ただ、そもそも車で来るのはおすすめしません)

トーマス・ジェファソン記念碑(Thomas Jefferson Memorial)の基本情報
  • 住所 16 E Basin Dr SW, Washington, DC 20242(Googleマップ
  • 営業時間 24時間
  • 休業日 クリスマス
  • 入場料 無料
  • 公式ページ(HP

ベルトラでは午前中のうちに国会議事堂やトーマス・ジェファソン記念碑など、少し離れた場所にある見どころを数カ所回るバスツアーを開催しています。

ワシントンDCの見どころを網羅!半日観光ツアー<午前/日本語ガイド> icon

徒歩では時間がかかる場所にサクッと行けて、午後からじっくり美術館や博物館を見て回るというプランが簡単に出来上がります。

\ ホテルお迎え・日本語ガイド付き /

アーリントン墓地

ワシントンD.C.おすすめ観光スポット
アーリントン墓地

アーリントン墓地(Arlington National Cemetery)は戦没者が埋葬されている国立の墓地で、ケネディ大統領も埋葬されています。

アーリントン墓地に入るには、写真付きのIDが必要です。(パスポートやアメリカ発行の運転免許)

お墓なんて…と思う方も多いかもしれませんが、白いお墓が並ぶ光景は圧巻なのでぜひ行ってみてください。

名前の分からなかった無名戦士の墓(Tomb of the Unknown Soldier)は特別に訓練された衛兵によって警備されているのですが、その衛兵の交代式が見ものです。ぜひ時間を合わせて行ってみてください。

ワシントンD.C.おすすめ観光スポット
交代式の様子

ちなみに、23年1月に岸田総理が訪問したのもこの場所です。(記事

10/1-3/31は正午〜、4/1-9/30は30分ごとに開催(詳細

アーリントン墓地はワシントンD.C.から橋を渡った場所にありますが、正確にはバージニア州です。

すぐ隣の敷地に硫黄島メモリアル(US Marine Corps War Memorial)があるので一緒に行ってみてください。(無料駐車場有)

アーリントン墓地(Arlington National Cemetery)の基本情報
  • 住所 Arlington, VA 22211(Googleマップ
  • 営業時間 8:00-17:00
  • 年中無休
  • 入場料 無料
  • 駐車場 1時間ごとに3時間、最大12ドル
  • 公式ページ(HP

国立自然史博物館

ワシントンD.C.おすすめ観光スポット
国立自然史博物館

国立自然史博物館(Smithsonian National Museum of Natural History)もスミソニアン協会によって運営されている博物館です。

『地球が誕生してから46億年間の自然』をテーマに作られた博物館で、哺乳類、魚類、人間、宝石などいくつかの大きなブースに分かれています。

入ってすぐ見える大きなアフリカゾウの模型や、恐竜の化石などは多くの子供たちを興奮させていました。

ワシントンD.C.おすすめ観光スポット
アフリカゾウ

また、展示会場にラボがあり、研究員さんが化石を掘り出している様子も実際に見ることができます。

ワシントンD.C.おすすめ観光スポット
ラボ

大人は宝石ブースに興味があるようで、1番混雑していました。

ワシントンD.C.おすすめ観光スポット
宝石ブース

他の博物館と比較すると子供向けで、お子さんは大喜びするスポットだと思います。

入場制限もしておらず、閉館まで1時間を切っていても多くの人が入って来る大人気のスポットですが、午前中であれば比較的余裕を持って見学できます。

国立自然史博物館(Smithsonian National Museum of Natural History)の基本情報
  • 住所 1300 Constitution Ave. NW, Washington, DC 20560(Googleマップ
  • 営業時間 10:00-17:30
  • 年中無休
  • 入場料 無料
  • 公式ページ(HP

時計台(Waldorf Astoria)

Waldorf Astoriaウォルドーフアストリア ワシントンD.C.宿泊記ブログレビュー
Waldorf Astoria

ワシントンD.C.のダウンタウンでも特に目立つこの建物は、もともと郵便局として使われており、国家歴史登録財として登録されています。

現在はヒルトン系最高級ホテルのWaldorf Astoriaとなっていますが、ホテルの裏側の入り口から入ると時計台に登ることができます。

ワシントンモニュメントほど高くはないので見える景色は劣りますが、ワシントンD.C.を見渡せます。

あまり知られていないのか、空いている穴場スポットです。

バシリカ

ワシントンD.C.おすすめ観光スポット
バシリカ

バシリカ(the Basilica of the National Shrine of the Immaculate Conception)はワシントンD.C.の中心地からは少し離れているので車で移動する必要があります。私たちは旅行の帰り道で寄りました。

ロマネスク様式のカラフルでかわいい装飾が施されたドームと中の豪華なステンドグラスが見どころの教会です。

ワシントンD.C.おすすめ観光スポット
教会の中

私たちはあまり時間がなかったので、自分たちでサッと回るだけにしましたが、時間がある場合は無料のツアーに参加するのも良いです。

バシリカ(the Basilica of the National Shrine of the Immaculate Conception)の基本情報
  • 住所 400 Michigan Ave NE, Washington, DC 20017(Googleマップ
  • 営業時間 6:00-18:00
  • 年中無休
  • 入場料 無料
  • 公式ページ(HP

ワシントンD.C.を観光するコツ

目次下アイキャッチ

これまでワシントンD.C.の見どころをご紹介して来ました。

効率良く回るためのコツを2つご紹介します。

  1. 早めの予約を心がける
  2. 車の利用は避ける

早めの予約を心がける

この記事でご紹介したスポットの中でも、予約しないと入れない(入場チケットがないと入れない)という場所が多々ありました。

せっかくワシントンD.C.に行ったのに中に入れなかったという残念なことにならないよう、予約が必要/推奨されている場所は確実に予約していきましょう。

どこもオンラインで事前予約するのが1番簡単なので、旅程が決まったらすぐに行動するのがおすすめです。

予約が必要/推奨されている施設

車の利用は避ける

ワシントンD.C.周辺は、道路が複雑で狭い上に交通量が多いので、車を使った観光は避けた方がいいです。

この記事でご紹介した観光スポットでも、アーリントン墓地とバシリカ以外は駐車場がなく、車での来場を勧めていません。

路上で縦列駐車するスペース(有料)もありますが、競争率がかなり激しく、駐車時間制限があるところばかりでした。(2または3時間の場所が多かったです)

私たちはSpotheroで予約した格安の地下立体駐車場に停めてからシェアバイクを利用しましたが、駐車場はどこも狭く、そもそも交通機関を利用すればよかったと思いました。

シェアバイクに乗り換えてからはかなり快適でした。小さいお子さんがいない方にはおすすめです。

ツアーを利用して、バスで効率的に回るのもアリです。

ベルトラでは午前中のうちに国会議事堂やトーマス・ジェファソン記念碑など、少し離れた場所にある見どころを数カ所回るバスツアーを開催しています。

徒歩では時間がかかる場所にサクッと行けて、午後からじっくり美術館や博物館を見て回るというプランが簡単に出来上がります。

\ ホテルお迎え・日本語ガイド付き /

まとめ:コツを押さえてワシントンD.C.観光を楽しもう

ワシントンD.C.観光見どころ|ワシントンモニュメント
リフレクティングプールに反射するワシントンモニュメント(夜)

この記事ではワシントンD.C.に行くなら絶対に行っておきたいおすすめ観光スポットと観光のコツをご紹介しました。

ワシントンD.C.は見どころが満載ですが、予約をしないといけない場所も多いのでうまく予定を組んでください。

最後にもう一度、観光スポットと予約サイトをまとめておきます。

おすすめスポット
  • ワシントンモニュメント(予約サイト
  • リンカーン記念堂
  • 国会議事堂(予約サイト
  • 議会図書館(予約サイト
  • ホワイトハウス
  • ナショナルギャラリー
  • 国立公文書館(予約サイト
  • 航空宇宙博物館(予約サイト
  • トーマス・ジェファソン記念碑
  • アーリントン墓地
  • 国立自然史博物館
  • 時計台(Waldorf Astoria)
  • バシリカ

それでは、またお会いしましょう!See ya!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
ジャンプできる目次