スーパーでキャッシュバックをもらおう【ibotta】詳しく見る

ザイオン国立公園観光|見どころ・料金・おすすめトレイル・服装【ナローズ】

ザイオン国立公園観光見どころ

突然ですが皆さん、ザイオン国立公園がアメリカでどれだけ人気か知っていますか?

ザイオン?聞いたことないな…

つきユカ

実はアメリカ国立公園の訪問者数ランキングで3位にランクインした人気スポットなんです!

ザイオン国立公園は、2020年のNPS(ナショナルパークサービス)の調査で訪問者数ランキングで3位になった場所です。

most-visited-np2020
出典:https://www.nps.gov/aboutus/visitation-numbers.htm

知らなかった…!
グランドキャニオンより上じゃないの

なんでそんなに人気があるの?

私たちも現地を訪れるまではザイオンの魅力を知りませんでしたが、実際に行ってみると「もう一度行きたい」と思える場所でした。

多くの観光客を惹きつける魅力は何なのか?

私たちが2021年9月末に訪問した様子とともにお伝えします。

ちなみに1位はテネシー州にあるグレートスモーキーマウンテン国立公園です

この記事でわかること
  • ザイオン国立公園の基本情報(場所・費用・服装)
  • トレイルを歩いた様子と感想
  • 旅程の組み方と近隣の観光地
ジャンプできる目次

ザイオン国立公園(Zion National Park)とは

ザイオン国立公園はユタ州にあり、赤土色の岩の間が川によって浸食された峡谷が特徴的で1956年に国立公園に指定されました。

公園の最低地は1117m、最高峰は2660m(高低差1500m)で、川も山も楽しめる自然にあふれた場所です。

日本の観光ブックではほとんど紹介されていませんが、大自然を満喫したい方にはぜひともおすすめしたい場所の1つです。

公園内には無料のシャトルバスが運行しており、基本的にはバスで目的地へ移動します。

自転車でも移動できますが、ビジターセンターから登りがきつく、道路はバス優先でバスが来るとその度に止まらないといけないので、あまり魅力を感じませんでした。

おすすめトレイルコース【ナローズ】

The narrows (ザ・ナローズ)

ザイオン国立公園の主なアクティビティはハイキングです。

複数のハイキングコースがあり、コースの入り口まではシャトルバスで移動します。

ここでは特に人気の高い2つのトレイルコースをご紹介します。

The narrows (ザ・ナローズ)

The narrows (ザ・ナローズ)

The narrows (ザ・ナローズ)は1番人気のトレイルコースで、川に足を浸しながら歩く沢登りが体験できます。

30分ほどバスに乗り、ビジターセンターから1番遠い(約6km)、9番バス停(終点)のTemple of Sinawavaで降ります。

川の水位が高いときはクローズされます

The narrowsに行くには、初級コースのRiverside Walk(リバーサイドウォーク)を経由します。

zion-narrows
Riverside Walk(リバーサイドウォーク)

ほとんど起伏のないコースを、バージン川に沿って歩きます。

鮮やかな峡谷もくっきり見え、空気もきれいで気持ちが良いです。

標高が高いせいか、夏でも朝は冷えるのでウィンドブレーカーなど羽織れるものがあると良いです。

人だかりができているところがあったので、野次馬してみると、鹿がいました。

zion-deer

首輪を付けていたので、公園が管理しているんでしょう。

行きも帰りも見かけたので、きっと高確率で見られると思います。

さて、そのまま進んでいくとようやくThe narrowsに入ります。

The narrowsに入る前の広場で、靴を履き替えたり休憩している人がたくさんいました。

zion-narrows-entrance

ここで1点注意です。

経由地のリバーサイドウォークを含めると、The narrowsは全コース往復で15.1kmあります。

どのくらい進むか予め決めておいて、無理せず引き返しましょう。

どこまで進むべき?

つきユカ

奥へ行ってもあまり景色は変わらないので、満足できたら帰って大丈夫です

コースのスタート地点からいきなり水に入ります

はじめはすごく冷たくて思わずヒャーと悲鳴を上げてしまいますが、すぐ慣れるので大丈夫です。

zion-narrows

川の水はとてもきれいなので、汚いという抵抗感は一切ありません。

zion-narrows

日によって変わると思いますが、1番深いところで水位が太ももの半分くらいまで来ました。(身長165cm)

zion-narrows

また、途中で水の流れの速い場所があるので、スティックが無いと苦労します

メモ
  • The narrowsでは登山用スティック必須
  • 水の流れが速かったり水深が読めないこともあってか、コースの奥の方には子供はほとんどいませんでした
    (スタート地点の水深が浅く、開けた場所にはたくさん子供が遊んでいました。)

高い岩に挟まれた、ひんやりしたエリアを探検隊になったような気分で通ったり…

zion-narrows

開放的で大自然にあふれた場所を歩いたりします。

zion-narrows
岩の上に乗って撮影

私たちは片道1時間半くらい行ったところで折り返すことにしましたが、十分満喫できました!

野生のかわいいリスたちにも会えました。

zion-narrows
野生のかわいいリス

ところで川の中を歩くのに普通の靴で大丈夫なの?
特別な対策はいる?

つきユカ

結論、スティックとレギンスはほぼ必須ですが、他は必ずしも必要ではないと思います

ちなみに、The narrowsを歩く人を対象に水中用トレッキングシューズ・靴下・スティック」の3点セットを35ドルでレンタルしています。

2人で70ドルなんて高いと感じたので、私たちは普通のランニングシューズとマリンシューズで行きましたが問題ありませんでした。

zion-narrows-shoes
普通のランニングシューズやマリンシューズでOK

水中で岩に擦れてケガをしないように、レギンスやスパッツを履くのもおすすめです。(長ズボンは動きにくい)

多少の防寒にもなります。

もちろんべちゃべちゃに濡れましたが、バス停まで歩いている間にほぼ乾いてしまいました。

9月であっても朝方は空気が冷えているので、ウィンドブレーカーなど羽織れるものがあると良いと思います。

また、水の流れが速くても踏ん張れるように、長めの登山用スティックがあると良いです。

持ち物・服装
  • レギンスやスパッツの着用がオススメ
  • 登山用スティック
  • 水中用トレッキングシューズ、水中用靴下は必要ない→マリンシューズやスニーカーでOK

Angels landing hike (エンジェルズランディングハイク)

Angels landing hikeのクライマックス

Angels landing hike (エンジェルズランディングハイク)も大変人気です。

私たちは時間の関係で行けませんでしたが、次回絶対に行きたいと思っています。

最後の最後まで行くつもりだったので、みっちり調べました。

The narrows (ザ・ナローズ)と比較すると、高く狭い場所にあるので高所恐怖症の人はまず無理だと思ってください。

6番バス停のThe Grottoで降りて、West Rim Trailを経由してScout Lookoutを目指します

往復8.7kmのコースで、 Scout Lookout までの1時間半くらいはひたすら急な登り坂です。

そして、この後が恐怖です。

狭い崖の上を登っていきます。チェーンはしっかり捕まってください。

全てを伝えるのは難しいので、私たちが参考にしたYoutubeチャンネルを添付します。

1:32あたりから4:45までAngels landing hikeの様子を見せてくれ、 2:45あたりが最も怖い場所です。

つきナオ

今までバンジージャンプとかクレイジーなことやってきたけど、これはまじで怖いって言ってます

ザイオン国立公園の基本情報

ベストシーズンと服装

ザイオン国立公園は1年を通して開園していますが、気温は大きく変化します。

また、標高が高いので1年を通して最高気温と最低気温の温度差は大きいです。

そのため、夏場であってもウィンドブレーカーなど羽織れるものがあると良いです。

ザイオン国立公園の月別平均気温

※参考https://www.nps.gov/zion/planyourvisit/weather-and-climate.htm

おすすめトレイルでご紹介した The narrows (ザ・ナローズ)に行く場合は、水が冷たいので暖かい季節の方が良いです。

よって、ベストシーズンは4月後半〜10月中旬と言えそうです。

入場料

車1台35ドル(7日間有効)で、国立公園のアニュアルパス(年間パス)も使えます。

アニュアルパスは80ドルで、国立公園を1年で3ヶ所以上回るなら買ったほうがお得です。

駐車場

夏~秋は自家用車を乗り入れることができず、園内は無料シャトルバスで移動します。

車はビジターセンター駐車場(無料)もしくは隣のSpringdale(有料)に駐車します。

私たちが到着したのは8:15頃でしたがビジターセンターは既に満車で、諦めて隣のSpringdale(有料)に移動しました。

Springdaleは駐車料金が1台10ドルかかります(ビジターセンターは無料)

Springdaleは有料ですが、公園の入口にはより近いように感じました。

広めの駐車場もありましたが、私たちは Springdaleの入口ゲートにほど近い、この標識のあるところに縦列駐車しました。

zion-parking

機械(KIOSK)で精算し(クレジットカードもOK)、領収書をフロントガラスの見える位置に置いておいてください。

zion-parking
精算用KIOSK

駐車禁止エリアへの駐車や、料金未納は厳しく取り締まっていましたので注意してください。

Springdaleからの順路

zion

Springdale(駐車場)から細い道を歩いて、公園の窓口に向かいます。

Springdaleの入口ゲートのすぐ近く、入ってきた方向から見て左側です。(道の入口の写真は撮り忘れました)

バスでも行けますが、近いので歩いた方が早いです。

レンタル用品はこちらで借りられます。

zion-entrance
レンタル用品
  • 水中用靴下、トレッキングシューズ、スティックの3点セット(35ドル)
  • 自転車

トレイルコース「The narrows (ザ・ナローズ)」を目指すたくさんの人がレンタルしていましたが、先述の通りスティック以外は不要です。

zion-entrance

この奥が入場ゲートで、窓口に地図が付いたインフォメーションガイドが置いてあるので、忘れずにもらいましょう

ちなみにこの写真の人たちが履いている靴が、レンタルされている水中用のトレッキングシューズです。

公園内の無料シャトルバス

入場ゲートを抜けるとバス停に到着します。

zion-bus

バスは2台が連結されて、頻繁にやってきます。

バスは10~15分間隔で運行している

車内は大きく揺れるので、座れないとツラいです。(The narrowsまでの乗車時間は30分)

乗車時に座れなさそうであれば、次のバスまで待った方が賢明です。

zion-bus

このバスで目的地まで移動します。

人気トレイルコースのAngels landing hikeは6番、The narrowsは9番全情報

アクセス

ラスベガスから車で3時間弱程度、人気のアンテロープキャニオンとも車で2時間程度の距離であり、非常にアクセスの良い場所です。

グランドサークルを観光する際には欠かせません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
ジャンプできる目次